Logic Pro X: テンポフェーダーでテンポチェンジを制御する

テンポフェーダーでテンポチェンジを制御する

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、「エンバイロメント」ウインドウで「新規」>「フェーダー」>「スペシャル」>「テンポコントロール」と選択して、リアルタイムのテンポフェーダーを作成できます。テンポフェーダーを使うと、(メタイベント#100を使用して)プロジェクトのテンポが制御されます。テンポフェーダーの出力を録音したい場合を除き、このフェーダーはどこにも接続する必要がありません。

図。エンバイロメントのテンポフェーダー。

テンポフェーダーには50-177 bpmの範囲の値を設定できます。外部MIDIデータでテンポフェーダーの値を制御することも可能で、その場合は入力値が「0」ならテンポは「50」、入力値が「127」ならテンポは「177」になります。

「エンバイロメント」でテンポフェーダーをフィジカルインプットとシーケンサーインプットの間に置くと、以下のことが可能です:

  • テンポチェンジを記録する。

  • 任意のMIDIイベントタイプでテンポを制御する。

この方法では、新しい「テンポ」トラックのデータを手軽に記録することができます。元のテンポデータは、実際にテンポチェンジを含む領域のみが消去されます。

再生または録音中にテンポフェーダーを動かすと、テンポリストで定義されたデータは再生または録音を停止するまですべて無効になります。

外部のSMPTE同期がアクティブな間は、テンポフェーダーを動かしても無視されます。このため、再生または録音中に同期参照を無効にする目的でテンポフェーダーを使用することもできます。

「エンバイロメント」でのメタイベントフェーダーの作成について詳しくは、メタイベントフェーダーを参照してください。

注記:テンポフェーダーのインスペクタの「Input」には、デフォルトでピッチ・ベンド・イベントが定義されています。この場合、キーボードのピッチベンドホイールでプロジェクトのテンポを制御できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?