Logic Pro X: オーディオデータをプロジェクトのテンポに合わせる

オーディオデータをプロジェクトのテンポに合わせる

「ファイル」>「プロジェクト設定」>「一般」で「プロジェクトのタイプ」が「ミュージックグリッドを使用」に設定されている場合は、読み込んだオーディオリージョンの長さがプロジェクトのテンポに連動します。ルーラの特定の位置にテンポチェンジを追加すると、その位置以降のリージョンの長さが変更されます。読み込んだリージョンの再生速度は変化しませんが、オーディオリージョンと同期していた既存のすべてのMIDIリージョンが同期しなくなります。テンポを上げてオーディオリージョンを長くすると、同じトラック上の後続のリージョンと重なり、その結果、リージョンの重なった部分が聞こえなくなることがあります。すべてのオーディオリージョンループの長さ(インスペクタの「ループ」パラメータによる設定)が変更され、不規則なループになって、各トラックが勝手なリズムを刻み始めます。

以下のオーディオファイルは、プロジェクトのテンポと一致するように自動的に調整でき、「テンポ」グローバルトラックで変更したテンポに従います。

  • 「Logic Pro 7.0」以降で録音したオーディオデータ

    注記:あるプロジェクトで録音したファイルをFinderを使って別のプロジェクトにドラッグする場合、ファイルはドラッグ先のプロジェクトのテンポに合わせて調整されません。ただし、2つのプロジェクト間でコピーされたファイルは、「Flexとフォロー」リージョンパラメータが「オフ」に設定されていない限りプロジェクトのテンポに合わせることができます。

  • Apple Loops

  • Flex Timeがオンになっているトラック上のオーディオリージョン

  • 「Logic Pro 7.0」以降で作成したオーディオバウンス

    注記:バウンスファイルは、ファイルのバウンスまたは書き出しの際に「バウンス」ダイアログで「作成したファイルをプロジェクトオーディオに追加」オプションを選択した場合にのみ、プロジェクトのテンポに合わせることができます。オーディオ録音の場合と同様、バウンスは「Flexとフォロー」リージョンパラメータが「オフ」に設定されていない限りプロジェクトのテンポに従います。

  • 「Logic Pro 7.0」以降から書き出したオーディオファイル

    注記:書き出したファイルは、ファイルのバウンスまたは書き出しの際に「書き出す」ダイアログで「作成したファイルをプロジェクトオーディオに追加」オプションを選択した場合にのみ、プロジェクトのテンポに合わせることができます。オーディオ録音の場合と同様、バウンスは「Flexとフォロー」リージョンパラメータが「オフ」に設定されていない限りプロジェクトのテンポに従います。

読み込んだReCycleファイルもプロジェクトのテンポに合わせることができます。(ReCycleファイルをプロジェクトに追加するを参照してください。)

トラック領域とプロジェクト・オーディオ・ブラウザでは、プロジェクトのテンポ(および先頭のキー)に従っているオーディオファイルに「テンポに従う」マークが表示されます。

図。オーディオリージョンおよびプロジェクト・オーディオ・ブラウザの「テンポに従う」マーク。

それ以外のオーディオファイルを読み込んだ場合は、リージョンまたはプロジェクトのどちらかのテンポを調整する必要があります。

オーディオリージョンをプロジェクトのテンポに合わせるように設定できます。または、リージョンをApple LoopsとしてApple Loopsライブラリに追加することもできます。Apple Loopsの作成方法については、独自のApple Loopsを作成するを参照してください

オーディオデータをプロジェクトのテンポに合わせる

  • トラック領域でオーディオリージョンを選択し、リージョンインスペクタの「Flexとフォロー」ポップアップメニューで「オン」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?