Logic Pro X: 拍子とキーの概要

拍子とキーの概要

拍子とキーは、プロジェクト内のすべてのトラックに影響するグローバルイベントです。プロジェクトを新規作成するときに、プロジェクト選択ウインドウで拍子とキーを設定できます。拍子とキーは、「キー/拍子」トラック、キー/拍子リスト、スコアエディタで表示でき、さまざまな方法でキー/拍子の変更を追加したり編集したりすることができます。

最初の拍子とキーはプロジェクトのプロパティです。最初の拍子とキーの設定については、プロジェクトプロパティの概要を参照してください。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、「キー/拍子」トラックとキー/拍子リストを使ってキーや拍子を変化させることができます。

拍子

拍子によって、小節に含まれる拍数が決まり(ルーラに表示される)、トラック領域および時間ベースのエディタ(オーディオ・トラック・エディタ、ピアノ・ロール・エディタ、ステップエディタなど)の編集グリッドの間隔が定義されます。拍子を変更しても、オーディオやMIDIリージョンの再生には影響しません。

拍子は、ルーラに加えて、スコア表示にも影響します。小節内の位置を使って、プロジェクトの特定の部分の機能を制限している場合、選択した拍子と小節内の位置に依存するすべての機能(MIDIメトロノームクリックや「トランスフォーム」ウインドウの各機能など)が影響を受けます。

キー

プロジェクトを作成する際に別のキーを選択しない限り、キーはデフォルトでCメジャーに設定されます。最初のキーが、プロジェクトのApple Loopsの再生に影響します。キーを変えると、スコアエディタでのMIDIノートの表示が変わりますが、MIDIの再生には影響しません。

キー変更はプロジェクトにいくつでも追加できます。キー変更を追加する場合、新しいキーによって調が変えられるのは、挿入位置から次のキーの変更までの範囲です。

拍子とキーのセットを最大9組まで作成できます。これらは「キー/拍子」トラック、キー/拍子リスト、および「キー/拍子」ウインドウに反映されます。

「キー/拍子」トラックを表示する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「トラック」>「グローバルトラック」>「グローバルトラックを表示」と選択するか、「グローバルトラックを表示/隠す」キーコマンド(Gキー)を使います。

  • 「グローバルトラック」ボタン をクリックします。

トラック領域(またはエディタ)内でグローバルトラックの表示操作を行うと、デフォルトではグローバルな「アレンジメント」、「マーカー」、「キー/拍子」、「テンポ」トラックが表示されます。「キー/拍子」トラックが表示されない場合は、グローバルトラックのヘッダ領域をControlキーを押しながらクリックし、表示されるダイアログで「キー/拍子」を選択します。詳しくは、グローバルトラックを表示する/隠すを参照してください。

注記:拍子やキーを選択、コピーできるようにするには、「キー/拍子」トラックを表示する必要があります。またその際、「キー/拍子」トラックは保護しないでください。

キー/拍子リストを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「リストエディタ」ボタン をクリックしてから、「キー/拍子」をクリックします。

  • Shiftキーを押しながら、「キー/拍子」トラックをダブルクリックします。

キー/拍子リストの数値リストに、繰り返し記号や二重小節線などのほかのグローバルスコア記号と共に、キーと拍子が表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?