Logic Pro X: マーカーを使って移動する

マーカーを使って移動する

プロジェクト内をマーカーを使って移動することができます。この機能は、たとえばプロジェクト内の特定の位置にすばやくジャンプして、リージョンやイベントを編集したい場合に便利です。

マーカー位置に再生ヘッドを移動する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「マーカー」トラックで、Optionキーを押したままマーカーをクリックします。

  • 「マーカー番号1-20に移動」の20個のキーコマンドを使います。

    これらのコマンドに含まれるマーカー番号は、プロジェクト内のすべてのマーカーの順番(シリアル)を表しています。デフォルトでは、マーカーを作成すると、名前にマーカー番号が入ります。

  • 「マーカーに移動」キーコマンドを使うと、任意のマーカー番号を入力できるウインドウが開きます。

    再生ヘッドが、選択したマーカーの先頭に移動します。

次または前のマーカーに移動する

  • 「前のマーカーに移動」キーコマンドと「次のマーカーに移動」キーコマンドを使います。

ロケータは、選択したマーカーの開始ポイントと終了ポイントにセットされます。

マーカーからサイクルを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ルーラの上の部分にマーカーをドラッグします。

    図。ルーラにマーカーをドラッグする。

    この操作で、サイクル範囲がマーカーと同じ位置と長さに設定されます。

  • マーカーを選択し、以下のいずれかのキーコマンドを使います:

    • ロケータをマーカーで設定してサイクルを有効にする

    • 前のマーカーでロケータを設定してサイクルを有効にする

    • 次のマーカーでロケータを設定してサイクルを有効にする

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?