Logic Pro X: グローバルトラックを表示する/隠す

グローバルトラックを表示する/隠す

グローバルトラックは、トラック領域および時間ベースのエディタ(オーディオ・トラック・エディタ、ピアノ・ロール・エディタ、ステップエディタなど)に表示できます。グローバルトラックは、各ウインドウのルーラの下に表示されます。表示するグローバルトラックの選択、グローバルトラックのサイズ変更や並べ替えが可能です。グローバルトラックの表示操作を行うと、デフォルトでは「アレンジメント」、「マーカー」、「キー/拍子」、「テンポ」トラックが表示されます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、グローバルトラックを設定できます:

グローバルトラックを表示する/隠す

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「トラック」>「グローバルトラック」>「グローバルトラックを表示」と選択するか、「グローバルトラックを表示/隠す」キーコマンド(Gキー)を使います。

  • 「グローバルトラック」ボタン をクリックします。

    トラック領域では、「グローバルトラック」ボタンはトラックヘッダの上に表示されます。エディタでは、エディタの左側に表示されます。

個々のグローバルトラックを表示する/隠す

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「トラック」>「グローバルトラック」と選択し、サブメニューから特定のトラックを選択します。

  • グローバルトラックのヘッダ領域内をControlキーを押しながらクリックし、ショートカットメニューから特定のトラックを選択します。

表示するグローバルトラックを選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「トラック」>「グローバルトラック」>「グローバルトラックを設定」と選択してから、対応するチェックボックスを選択します。

    図。「グローバルトラック設定」ダイアログ。
  • グローバルトラックの任意の場所をControlキーを押しながらクリックし、ショートカットメニューから「グローバルトラックを設定」を選択して、対応するチェックボックスを選択します。

「グローバルトラック設定」ダイアログで選択したトラックは、アクティブなウインドウにのみ影響します。

また、「マーカー」、「トランスポーズ」、「キー/拍子」、「テンポ」、「ビートマッピング」、「ムービー」のいずれかの表示/非表示切り替えキーコマンドを個々のルーラトラックに割り当て、そのキーコマンドを使うことができます。キーコマンドはすぐに適用されるので、「グローバルトラック設定」ダイアログを開く必要はありません。

ヒント:すべてのグローバルトラックを表示または隠すには、「すべて有効」ボタンまたは「すべて無効」ボタンをクリックします。対応するキーコマンド(「すべてのグローバルトラックを表示」、「すべてのグローバルトラックを隠す」)を使うこともできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?