Logic Pro X: グローバルトラックの概要

グローバルトラックの概要

「Logic Pro」には、プロジェクト全体のさまざまな側面の制御に使用できるグローバルトラックのセットが含まれています。グローバルトラックは、トラック領域および時間ベースのエディタ(オーディオ・トラック・エディタ、ピアノ・ロール・エディタ、ステップエディタなど)に表示できます。グローバルトラックの表示操作を行うと、それらのトラックが該当する領域のルーラの下に現れます。

デフォルトでは、利用できるグローバルトラックは以下の通りです:

  • アレンジメント・トラック: アレンジメントマーカーが含まれます。アレンジメントマーカーを移動、コピー、編集することによって、プロジェクトをすばやく組み立て直すことができます。詳しくは、アレンジメントマーカーを追加するおよびアレンジメントマーカーを編集するを参照してください。

  • 「テンポ」トラック: プロジェクトのテンポと、プロジェクトでのすべてのテンポチェンジが表示されます。詳しくは、「テンポ」トラックの概要を参照してください。

  • 「トランスポーズ」トラック: トランスポーズイベントが含まれます。トランスポーズイベントを使用すると、プロジェクトの一部をトランスポーズしてピッチを上げ下げできます。トランスポーズはMIDIリージョンやApple Loopsに影響し、オーディオリージョンに影響を与えることもあります。詳しくは、トランスポーズの概要を参照してください。

  • ムービートラック: QuickTimeムービーのフレームが、ルーラと同期したサムネールとして表示されます。映画用の音楽作りに使用します。ムービーのカットは、自動的に検出され、マーキングされます。詳しくは、「ムービー」トラックについてを参照してください。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときは、以下の追加のグローバルトラックを使用できます:

  • 「マーカー」トラック: プロジェクトの小節位置やパートを示すのに使用するマーカーが表示されます。マーカーの長さ、テキスト、および色は自由に編集できます。詳しくは、マーカーの概要を参照してください。

  • 「キー/拍子」トラック: プロジェクトの基本の拍子とキー、および拍子とキーの変更が表示されます。詳しくは、拍子とキーの概要を参照してください。

  • 「ビートマッピング」トラック: 厳密なテンポに従わない録音に合わせるため、録音のリズム感を変えることなく、テンポを調整する場合に使います。詳しくは、ビートマッピングの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?