Logic Pro X: グローバル設定の概要

グローバル設定の概要

個々のトラック、リージョン、チャンネルストリップの操作に加えて、以下のようにプロジェクト全体のさまざまな側面を操作できます。

  • プロジェクト全体の音量を、「マスター音量」スライダ、マスタートラック、マスター・チャンネル・ストリップを使用して制御できます。

  • マーカーを使って、プロジェクトのさまざまな部分にタグを付け、それらの部分を選択して編集できます。

  • プロジェクトを複数のセクションで編成し、アレンジメントマーカーを使ってそれらのセクションをすばやく並べ替えることができます。

  • ルーラおよびスコアエディタの表示に影響する拍子の変更を追加できます。

  • スコアエディタの表示に影響するキーの変更を追加できます。

  • テンポチェンジを追加してプロジェクトのテンポを制御し、プロジェクトの再生に影響を与えることができます。

  • プロジェクトの一部を別のキーにトランスポーズできます。トランスポーズはプロジェクト内のMIDIリージョンやApple Loopsの再生に影響し、オーディオリージョンに適用することもできます。

  • ビートマッピングを使って、厳密なテンポに従わないノートをルーラ内の拍にマップすることができます。

「Logic Pro」は、プロジェクト全体の各側面を制御するための複数の方法を備えています。トラック領域およびさまざまなエディタでグローバルトラックのセット(「マーカー」トラック、アレンジメント・トラック、「キー/拍子」トラック、「トランスポーズ」トラックなど)を操作できます。ビデオプロジェクトの場合は、プロジェクトでの作業中にムービートラックを使ってビデオのフレームを表示することもできます。

出力およびAuxトラックにエフェクトを追加したり、出力およびAuxトラック上のエフェクトその他のパラメータを自動化したりすることもでき、こうした操作すべてがプロジェクト全体に影響を与えます。

プロジェクトパラメータの自動化について詳しくは、オートメーションの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?