Logic Pro X: 外部コントローラでトラックオートメーションを書き込む

外部コントローラでトラックオートメーションを書き込む

「Logic Pro」は、トラックオートメーションの書き込みおよび編集をすばやく効率的かつ簡単に行うことができる、さまざまな専用コントロールサーフェスをサポートしています。利用できる機能によりますが、複数のチャンネルまたは複数のプラグインパラメータのオートメーションをまとめて書き込むことができます。各種のMIDIコントローラ(MIDIキーボードのモジュレーションホイール、フロントパネルのスライダやノブ)を使って、オートメーションを書き込むことができます。これらのコントローラを使って、あらゆるオートメーションの書き込み作業を行ったり、個々のコントローラ(MIDIキーボードから操作できる場合)をさまざまなパラメータに割り当てたりすることができます。

「オートメーション・クイック・アクセス」(AQA)機能を使うと、ハードウェアのMIDIコントローラ1つ(MIDIキーボードの1基のフェーダーやモジュレーションホイールなど)だけで、トラックオートメーションを迅速かつ簡単に行うことができます。この1つのハードウェアコントローラを使って、メインウインドウで選択したトラックの現在有効なオートメーションパラメータを自動操作できます。

「オートメーション・クイック・アクセス」を設定する

  1. 「Logic Pro」>「環境設定」と選択するか、Commandキーとカンマ(,)キーを押してから「オートメーション」を選択します。

    「オートメーション」パネルでは、「オートメーション・クイック・アクセス」はデフォルトでオフになっています。

    図。「オートメーション」環境設定
  2. 「オートメーション・クイック・アクセス」セクションの「オン」ボタンをクリックします。

    コントローラを割り当てるかどうかを尋ねるダイアログが表示されます。

  3. 「アサイン」ボタンをクリックし、「オートメーション・クイック・アクセス」に使用するハードウェアコントローラをゆっくり動かします。全範囲にわたってコントローラが動くことを確認します。

  4. 「オートメーション・クイック・アクセス」セクションの「オフ」/「オン」ボタンの下にある「終了」ボタンをクリックして、設定を確定します。

    「終了」ボタンが「メッセージを登録」ボタンに変わります。「メッセージを登録」ボタンをクリックすると、「オートメーション・クイック・アクセス」に新しいコントローラが割り当てられます。「編集」ボタンをクリックすると、コントローラアサインメントウインドウが開き、ここでコントローラを手動で割り当てることができます。詳しくは、「Logic Proコントロールサーフェスサポート」マニュアルを参照してください。設定が完了すると、現在のトラックで有効になっているオートメーションパラメータをハードウェアのコントロールで制御できるようになります。

ヒント:「オートメーション・クイック・アクセス」の制御にモジュレーションホイールを割り当てると、「オートメーション・クイック・アクセス」に使用する場合と、通常のモジュレーションホイールの機能(MIDIコントローラ1)を使う場合とで切り替える必要が出てきます。この切り替えをすばやく行うには、「オートメーション・クイック・アクセスを切り替える」キーボードショートカットを使います(またはControl+Option+Command+Aキーを押します)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?