Logic Pro X: オートメーションをグリッド位置にスナップする

オートメーションをグリッド位置にスナップする

トラックのオートメーションをグリッド位置にスナップさせることができます。「スナップ」メニューで選択したディビジョン値を自動的に使用することも、オートメーション用のスナップ値を別に選択することもできます。

スナップ機能が使用可能になっていて、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときは、オートメーションをタイムライン上で前か後に少し移動することでオートメーションをオフセットできます。オートメーションをオフセットすることで、オーディオハードウェアのレイテンシ、プロセッサの負荷、またはプラグインの遅延が補正されます。

選択したスナップオートメーション値にオートメーションポイントをスナップさせる

  • 「スナップ」ポップアップメニューから「スナップオートメーション」を選択して、サブメニューから値を選択します。

    図。「スナップオートメーション」サブメニューのメニューコマンド。

「スナップオートメーション」サブメニューで選択した値にオートメーションがスナップします。

スナップオートメーションが有効になっているときに、オートメーションをオフセットする

  1. 「スナップ」ポップアップメニューから「オートメーションスナップのオフセット」を選択します。

    図。「スナップ」ポップアップメニューのメニューコマンド。
  2. 「スナップのオフセット」パラメータをティック単位の値(正または負の値)で調整します。

    図。「オートメーション」環境設定

すべてのトラックのすべてのオートメーションが、指定したティック分だけオフセットされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?