Logic Pro X: オートメーションを選択する/コピーする/移動する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
オートメーションを選択する/コピーする/移動する

オートメーションポイントとカーブを作成した後に、必要に応じてそれらを変更できます。オートメーションを1つのトラック内でコピーすることも、複数のトラック間でコピーすることも、1つのトラック内で移動することもできます。リージョンの移動時に、既存のオートメーションを一緒に移動するかどうかを選択できます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときにのみ、オートメーション選択ツールおよびオートメーション・カーブ・ツールを使ってオートメーションカーブを選択して曲げることができます。

オートメーションを選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 選択するオートメーションポイントとカーブ上をドラッグします。

  • ポインタまたはオートメーション選択ツールで、オートメーションカーブをクリックします。

連続していないオートメーションを選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Shiftキーを押しながら、複数の連続していないオートメーションポイントとカーブ上をドラッグします。

  • Shiftキーを押しながら、ポインタまたはオートメーション選択ツールで、複数の連続していないオートメーションポイントとカーブをクリックします。

特定の時間範囲内にある特定の値のオートメーションを選択する

特定の時間範囲内にある特定の値範囲のオートメーションポイントとカーブだけを選択することもできます。常にすべてのオートメーションポイントとカーブを選択したいとは限りません。その場合は、Optionキーを押しながら操作します。

  • Optionキーを押しながら、オートメーションカーブ上を縦方向にドラッグして特定の値範囲を選択し、横方向にドラッグして特定の時間範囲を選択します。

    注記:この場合、選択されたポイントにつながるオートメーションカーブは、選択範囲外にあっても選択されます。

トラック内でオートメーションをコピーする

  • コピーしたいポイントまたはカーブを選択して、Optionキーを押しながらトラック内の別の位置にドラッグします。

移動先にポイントがすでにある場合、それらは削除されます。

トラック間でオートメーションをコピーする

  1. Shiftキーを押しながらオートメーション領域内の選択範囲をドラッグします。

  2. 「編集」>「コピー」と選択します(または、対応するキーボードショートカットを使います)。

  3. オートメーションのコピー先のトラックを選択します。

  4. 「編集」>「ペースト」と選択します(または、対応するキーボードショートカットを使います)。

オートメーションを移動する

  • 移動したいポイントまたはカーブを選択して、横方向または縦方向にドラッグします。

移動先にポイントがすでにある場合、それらは削除されます。

垂直のオートメーションカーブを作成する

値の異なる2つのオートメーションポイントを垂直のオートメーションカーブでつなぐことができます。この場合、2つのオートメーションが同時に起こり、パラメータが即座に切り替わる効果が生まれます。これは、パラメータを段階的に変化させるのではなく、瞬時にオン/オフしたい場合に便利です。

  • オートメーションポイントまたはカーブを、左側にある、異なる値のオートメーションポイントの方にドラッグします。

    ドラッグしているオートメーションポイントが、静止しているオートメーションポイントの垂直線上に自動的に「スナップ」します。

オートメーションポイントを、右側にある、異なる値のオートメーションポイントの方にドラッグした場合、ドラッグしているオートメーションポイントは垂直線上にスナップせず、垂直のオートメーションカーブにはなりません。

オートメーションを含めて/切り離してリージョンを移動する

  • 「環境設定」>「オートメーション」と選択して、以下のいずれかの「リージョンと一緒にオートメーションを移動」オプションを選択します:

    • しない: リージョンを移動するときに、オートメーションデータは移動しません。

    • 常に: リージョンを移動するときに、オートメーションデータも必ず移動します。リージョンの境界に挟まれたオートメーションを移動します。

    • 確認: リージョンを移動するときに、オートメーションを移動するか、そのままにしておくかどうかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。

  • Controlキーを押しながらトラックレーンをクリックしてから、表示されるショートカットメニューから次のオプションのいずれかを選択します。

    • リージョンと一緒にオートメーションを移動しない

    • 常にリージョンと一緒にオートメーションを移動

    • リージョンと一緒にオートメーションを移動するか確認

オートメーションを含めてリージョンの選択範囲を移動する

  1. マーキーツールで、リージョン上をドラッグします。

  2. トラック領域のメニューバーで、「編集」>「コピー」と選択します。

  3. オートメーションデータのコピー先のトラックを選択してから、再生ヘッドを挿入ポイントに移動します。

  4. トラック領域のメニューバーで、「編集」>「ペースト」と選択します。

リージョンの選択範囲とそのオートメーションが、コピー先トラックの再生ヘッド位置にコピーされます。

オートメーションカーブを曲げる

以下のいずれかの操作を行います:

  • オートメーション・カーブ・ツールで、オートメーションカーブをドラッグします。

    図。オートメーション・カーブ・ツールでオートメーションカーブをドラッグ。
  • ControlキーとShiftキーを押しながら、ポインタツールでオートメーションカーブをドラッグします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?