Logic Pro X: ライブオートメーションを記録する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ライブオートメーションを記録する

「Touch」、「Latch」、「Write」モードのいずれかが有効になっていれば、録音モードまたは再生モードで、オートメーションを記録することができます。選択したモードに応じて、操作または動かした設定が記録されます。録音または再生が行われていない場合はモードは無視され、コントロールを動かしてもデータは書き込まれません。

トラックオートメーションは以下の方法で書き込むことができます:

  • オートメーションモードが「Touch」、「Latch」、または「Write」に設定されている、選択したチャンネルストリップのフェーダーまたはコントロールを操作します。実際には、オートメーションを完全に消去してしまう破壊的な「Write」モードを使うことは、(あったとしても)きわめてまれです。通常の書き込みには、「Touch」モードまたは「Latch」モードを使います。

  • いずれかのモードを有効にした状態で、トラックヘッダの「オートメーションパラメータ」ポップアップメニューからパラメータを選択し、トラックヘッダの数値ディスプレイを調整します。

  • いずれかのモードを有効にした状態で、接続しているハードウェアコントローラのフェーダーまたノブを動かします。

  • ポインタツールまたは鉛筆ツールを使って、オートメーションカーブを描きます。

オートメーションをTouch、Latch、またはWriteモードで記録するときは、調整しているパラメータのオートメーションカーブがメインのオートメーションレーンに自動的に表示されます。「オートメーション」環境設定パネルで、書き込み終了後にどのモードに切り替えるかを指定できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?