Logic Pro X: オートメーションモードを選択する

オートメーションモードを選択する

オートメーションモードを設定して、オートメーショントラックの処理方法を指定します。オートメーションは、読み出し中または書き込み中のいずれかの状態になります。トラックごとに、オートメーションモードを設定できます。オートメーション値をトリムしたり、相対オートメーションデータを記録したりすることもできます。

  • Read: トラックにあるすべてのオートメーションを再生します。たとえば音量データがある場合、事前にトラックに記録されたオートメーションに従って、再生中に音量フェーダーが動きます。「Read」モードのときは、コントロールを動かしても、選択したオートメーションパラメータの値を変更できません。

  • Touch: 「Read」モードと同様にオートメーションを再生できます。「Touch」モードのときは、コントロールを動かせば、選択したオートメーションパラメータの値を変更できます。フェーダーやノブを放すと、パラメータはトラックの既存のオートメーションに従います。

  • Latch: 「Touch」モードと同様に動作しますが、フェーダーまたはノブを放すと、トラックの既存のオートメーションが新しいパラメータ値で上書きされます。

  • Write: 再生ヘッドの進行と同時にトラックの既存のオートメーションが消去されます。コントロールを動かすと、新しい動きが記録されます。何もしなければ、既存のデータが消去されていきます。

  • トリム: 既存のオートメーション(音量、パン、センドレベル)の値を、フェーダーまたはコントロールを動かした分だけ上下に調整することでオフセットします。「Touch」および「Latch」オートメーションモードと組み合わせて使用します。

  • 相対: 選択したパラメータ(音量、パン、センドレベル)の既存のプライマリカーブをオフセットする、セカンダリー・オートメーション・カーブを追加します。プライマリおよびセカンダリーカーブは両方とも表示され、編集できます。「Touch」、「Latch」、および「Write」オートメーションモードと組み合わせて使用します。

1つのトラックにオートメーションモードを設定する

選択した複数のトラックに同じオートメーションモードを設定する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Shiftキーを押しながら目的のトラックヘッダをクリックして選択していき、いずれかのトラックヘッダのオートメーション・モード・ポップアップ・メニューからモードを選択します。

  • Shiftキーを押しながらミキサーの目的のチャンネルストリップをクリックして選択していき、選択したいずれかのチャンネルストリップの「オートメーションモード」ポップアップメニューからモードを選択します。

キーボードショートカットを使ってオートメーションモードを設定する

オートメーションモードを設定するには、以下のキーボードショートカットを使用します:

  • 現在のトラックオートメーションを切り替える: オフ/Read

  • 現在のトラックのオートメーションをReadに設定

  • 現在のトラックオートメーションを切り替える: Touch/Read

  • 現在のトラックオートメーションを切り替える: Latch/Read

  • 現在のトラックオートメーションを切り替える: Write/Read

  • 全トラックのオートメーションをオフに設定

  • 全トラックのオートメーションをReadに設定

  • 全トラックのオートメーションをTouchに設定

  • 全トラックのオートメーションをLatchに設定

  • 全トラックのオートメーションをWriteに設定

トリム・オートメーション・モードを使う

  1. トラックヘッダまたはトラックのチャンネルストリップの「オートメーションモード」ポップアップメニューから、「Touch」または「Latch」を選択します。

  2. トラックヘッダまたはトラックのチャンネルストリップの「オートメーションモード」ポップアップメニューから「トリム」を選択します。

    「オートメーションモード」ディスプレイには「T-Touch」または「T-Latch」が表示されます。音量フェーダーは中央に移動し、フェーダーは透明になります。

    図。トリムTouchモードに設定されている音量フェーダー。

再生中に音量フェーダーを動かしたときに、新しい音量オートメーションデータが完全に書き込まれるのではなく、既存のデータが比例的に調整されます。

相対オートメーションモードを使う

  1. トラックヘッダまたはトラックのチャンネルストリップの「オートメーションモード」ポップアップメニューから、「Touch」、「Latch」、または「Write」を選択します。

  2. トラックヘッダまたはトラックのチャンネルストリップの「オートメーションモード」ポップアップメニューから「相対」を選択します。

    「オートメーションモード」ディスプレイには「R-Touch」、「R-Latch」、または「R-Write」が表示されます。音量フェーダーは中央に移動し、フェーダーは透明になります。

    図。相対Touchモードに設定されている音量フェーダー。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?