Logic Pro X: マップを使う

マップを使う

マップ表示では、MIDI値の全範囲(0-127)が128本の縦棒で示され、変換の状態を視覚的に把握できます。

各棒はそれぞれのMIDI値に対応しています(この対応関係は変更可能です)。イベントタイプと操作は、選択条件領域と操作領域で設定します。

図。「トランスフォーム」ウインドウのマップ領域。
  • マップを表示するには、操作領域でポップアップメニューのいずれかを選択します。選択条件が適切でない場合、マップは表示されません。

  • マップは汎用的であるため、あるMIDIを別の値にマップし直すことができます。

  • 受信するMIDIデータがどのようなタイプであるかは関知しません。データの値だけに影響します。

つまり、1つのマップで、たとえばピッチ、ベロシティ、長さなどの受信ノートイベントのを同時に変更できます。

マップの使用例

  • 各棒はそれぞれ0-127の値のMIDIノート番号で表すことができます

  • デフォルトでは、値1は値1、値15は値15というように、128本の棒が1対1で対応しています。これをMIDIノート番号に当てはめ、60番の棒をC3(中央のC)にすると、61番はC#3、62番はD3となります。

デフォルト値とマップ後の値は、マップ領域の左下の2つのフィールドに表示されます。

  • デフォルト値を変更するには、これらのフィールドの値を直接変更するか、変更する棒を縦にドラッグします。どちらの方法で変更しても、該当するフィールドまたは棒がアップデートされます。

  • たとえば、60番の棒(中央のC)の値を変更して「マップ先」フィールドに「72」の値が表示されるようにした場合、変換操作を適用したときにこの値が適用されます。

この結果、MIDIノート番号60のメッセージがすべてMIDIノート番号72のメッセージに変換されます(つまり、C3のノートがすべてC4にトランスポーズされます)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?