Logic Pro X: 選択条件を設定する

選択条件を設定する

変換処理を行うイベントの選択条件を設定することができます。「MIDIトランスフォーム」ウインドウの選択条件領域で設定します。各欄には、さまざまなMIDIイベントパラメータが表示されます。

全イベントパラメータの有効な範囲や値の定義に該当するイベントがあった場合、選択条件が満たされたものと見なされます。これらの範囲および値は、ポップメニューおよびイベントパラメータの各欄の下にあるフィールドで設定します。

選択条件

  • 位置: プロジェクトの開始位置ではなく、MIDIリージョンの開始位置を参照して、イベントの時間位置を設定します。

  • 状況: イベントタイプを設定します。

  • チャンネル: イベントの記録または録音に使用したMIDIチャンネルです。

  • データバイト1/ピッチ: 第1データバイト(コントローラ番号)またはノートピッチです。

  • データバイト2/ベロシティ: 第2データバイト(コントローラ値)またはノートベロシティです。

    注記:2つのデータバイトフィールドに表示されるパラメータの値は、「状況」ポップアップメニューの設定によって異なります。「状況」ポップアップメニューの設定によっては、データバイトのフィールドに何も表示されないことがあります。

  • 長さ: ノートまたはイベントの長さです。

  • サブポジション: 小節内のイベントの時間位置です。

イベントタイプを選択する

  • 「状況」ポップアップメニューを開き、選択の対象となるイベントを設定します。次の2つの設定を選択できます:

    • すべて: すべてのイベントタイプが条件を満たします。

    • =: 「状況」ポップアップメニューの下にさらにポップアップメニューが表示され、ここでイベントタイプを設定できます。ノート、ポリプレッシャー、コントロールチェンジ、プログラムチェンジ、チャンネルプレッシャー、ピッチベンド、メタ、およびフェーダーのイベントタイプがあります。

ほかの選択条件を設定する

  • 必要に応じて、各欄のポップアップメニューを開き、イベントの選択条件を設定します。「マップ」を選択していなければ、ポップアップメニューの下に1つまたは2つの値フィールドが表示されます。各パラメータ欄に以下のいずれかの条件値を割り当てることができます:

    • =: 条件を満たすには、イベントはフィールドの値と同じである必要があります。たとえば、条件をC#3のノートイベントだけに絞る場合などです。

    • 不一致: 条件を満たすには、イベントはフィールドの値と同じでない必要があります。たとえば、条件をC#3以外のノートイベントにする場合などです。

    • 以下(<=): 条件を満たすには、イベントがフィールドの値と同じかそれより小さい必要があります。たとえば、条件を98以下のノートベロシティにする場合などです。

    • 以上(>=): 条件を満たすには、イベントがフィールドの値と同じかそれより大きい必要があります。たとえば、条件をC#3以上のノートピッチにする場合などです。

    • 範囲内: 条件を満たすには、イベントは値の2つのフィールド(たとえば、イベント位置またはノートピッチ)の範囲内にある必要があります。

    • 範囲外: 条件を満たすには、イベントは値の2つのフィールド(たとえば、イベント位置またはノートピッチ)の範囲外にある必要があります。

    • マップ: ほとんどの条件は数値的な関係があり、受信したMIDIイベントの値が条件を満たす場合に条件が満たされます。この最後の条件の「マップ」は、それとは少し異なります。2つの数値パラメータを指定し、受信した値がまずマップによって変換され、マッピングされた値が作成されます。次にマッピングされた値と2つのパラメータとを比較し、この値が2つのパラメータの範囲内にあるかどうかを調べます。この範囲内にあるマッピングされた値を持つ受信イベントだけが条件を満たし、それ以外のイベントは条件を満たしません。詳しくは、マップを使うを参照してください。

選択条件の値を設定する

  • マウスをスライダのように使うか、フィールドに値を直接入力します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?