Logic Pro X: 手動バックアップを実行する

手動バックアップを実行する

取り消し履歴機能と標準の取り消し機能を使ってファイルを元の状態に戻すこともできますが、ファイルの処理や編集を行う前にバックアップファイルを作成しておくことを習慣付けてください。バックアップファイルがあれば、処理エラーなどの不測の事態が発生しても、オーディオデータのコピーを安全に確保することができます。

さまざまな機能を用いて、編集中のファイルのバックアップを手動で作成したり、必要に応じて編集中のファイルをバックアップに置き換えたりすることができます。

作業中のオーディオファイルのコピーを作成する

  • オーディオ・ファイル・エディタのメニューバーで「オーディオファイル」>「バックアップを作成」と選択します(またはControl+Bキーを押します)。

ソースファイルと同じフォルダにオーディオファイルのコピー(拡張子は「.dup」)が作成されます。

バックアップファイルの状態に戻す

  • オーディオ・ファイル・エディタのメニューバーで「オーディオファイル」>「バックアップに復帰」と選択します(またはControl+Option+Command+Bキーを押します)。

現在のオーディオファイルがバックアップに置き換えられます(バックアップを取っておいた場合)。

重要:この操作は、「取り消す」コマンドで取り消すことはできません

コピーをほかの場所に別名で保存する

  1. オーディオ・ファイル・エディタのメニューバーで「オーディオファイル」>「コピーを別名で保存」と選択します。

  2. 「コピーを別名で保存」ダイアログボックスで設定を選択します:

    図。「コピーを別名で保存」ダイアログボックス。

    保存するファイルのサンプルレート、ビット数、ファイルフォーマット、ステレオ変換、およびディザタイプを設定できます。ダイアログボックスにある「作成したファイルをプロジェクトオーディオに追加」オプションを選択すると、保存したファイルがプロジェクト・オーディオ・ブラウザに追加されます。

  3. オーディオファイルを保存する場所(ハードディスクとフォルダなど)を選択し、「名前」フィールドにオーディオファイルの名前を入力します。

  4. 「保存」をクリックします。

選択範囲を新しいオーディオファイルとして保存する

  • オーディオ・ファイル・エディタのメニューバーで「オーディオファイル」>「選択範囲に名前を付けて保存」と選択します(またはShift+Command+Sキーを押します)。

    「選択範囲に名前を付けて保存」ダイアログには、「コピーを別名で保存」ダイアログと同じファイル変換オプションが表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?