Logic Pro X: 編集手順を取り消す

編集手順を取り消す

オーディオ・ファイル・エディタのほとんどの機能は破壊的に実行されるため、ハードディスクに保存されているファイルが変更されます。ただし、思い通りの結果にならなかった場合は、取り消し機能を使うことができます。

元のオーディオファイルと編集内容とを比較する(または元に戻す)

  • 「編集」>「取り消す」と選択します(またはCommand+Zキーを押します)。

処理中の破壊編集をキャンセルする

  • Command+ピリオド(.)キーを押します。

編集機能が部分的に実行された場合でも、オーディオファイルは元の状態に戻されます。

オーディオ・ファイル・エディタの取り消し機能は、「環境設定」>「オーディオ」>「オーディオ・ファイル・エディタ」パネルで設定できます。詳しくは、「オーディオ・ファイル・エディタ」環境設定を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?