Logic Pro X: オーディオ・ファイル・エディタの逆方向コマンド

オーディオ・ファイル・エディタの逆方向コマンド

「逆方向」コマンドは通常、オーディオファイル全体に適用します。たとえば、シンバルの音をリバースするときなどに使います。オーディオファイルの選択範囲に対して特殊な効果を与えるオプションとしても使用できます。たとえば、ファイルの最後のリバーブテールをリバースしてコピーし、ファイルの前にペーストすることができます。

「反転」コマンドは、位相キャンセルのエラーを補正する場合や、調子外れの複数の信号(またはコーラスエフェクトで処理された複数の信号)をモノラルにミックスダウンする場合に便利です。

ヒント:「反転」機能を使ってモノ/ステレオの録音をデコードできますが、この処理にはDirection Mixerプラグインを使う方が簡単です。このプラグインについて詳しくは、Logic Proエフェクトヘルプを参照してください。

オーディオファイルの選択範囲を反転する

  • オーディオ・ファイル・エディタのメニューバーで「機能」>「逆方向」と選択します(またはControl+Shift+Rキーを押します)。

選択したすべてのオーディオ素材の位相を反転する

  • オーディオ・ファイル・エディタのメニューバーで「機能」>「反転」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    振幅のすべての負の値が正の値になり、正の値が負の値になります。

    注記:個別に聞いた場合は、この処理によるファイルの変化はないように聞こえます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?