Logic Pro X: トランジェントマーカーを使って選択する

トランジェントマーカーを使って選択する

トランジェントマーカーを使って、編集のためにオーディオファイルの一部を選択できます。

注記:この操作を行うには、まず、オーディオ・ファイル・エディタでトランジェント編集モードを有効にする必要があります。詳しくは、トランジェントマーカーを使って編集するを参照してください。

オーディオファイルで2つのトランジェントマーカーの間の部分を選択する

  • 波形ディスプレイで、2つのトランジェントマーカーの間の部分をダブルクリックします。

    図。サンプルエディタで、2つのトランジェントマーカーの間が選択されている。

トランジェントマーカーのメニューコマンドを使う

  • オーディオ・ファイル・エディタのメニューバーで「編集」>「設定」と選択し、以下のコマンドを使います:

    • 選択範囲開始を前のトランジェントに: 選択範囲の開始位置が、前(左)のトランジェントマーカーの位置まで拡張されます。

    • 選択範囲開始を次のトランジェントに: 選択範囲の開始位置が、次(右)のトランジェントマーカーの位置まで縮小されます。

    • 選択範囲終了を前のトランジェントに: 選択範囲の終了位置が、前(左)のトランジェントマーカーの位置まで縮小されます。

    • 選択範囲終了を次のトランジェントに: 選択範囲の終了位置が、次(右)のトランジェントマーカーの位置まで拡張されます。

    • 選択範囲の開始と終了を前のトランジェントに: 選択範囲の開始位置と終了位置の両方が、それぞれの前(左)のトランジェントマーカーの位置まで移動されます。

    • 選択範囲の開始と終了を次のトランジェントに: 選択範囲の開始位置と終了位置の両方が、それぞれの次(右)のトランジェントマーカーの位置まで移動されます。

    • 選択範囲の開始と終了を前のトランジェントに設定して再生: 選択範囲の開始位置と終了位置の両方が、それぞれの前(左)のトランジェントマーカーの位置まで移動された後、再生が開始されます。

    • 選択範囲の開始と終了を次のトランジェントに設定して再生: 選択範囲の開始位置と終了位置の両方が、それぞれの次(右)のトランジェントマーカーの位置まで移動された後、再生が開始されます。

    • リージョンアンカーを前のトランジェントに: リージョンアンカーが、前(左)のトランジェントマーカーの位置まで移動されます。

    • リージョンアンカーを次のトランジェントに: リージョンアンカーが、次(右)のトランジェントマーカーの位置まで移動されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?