Logic Pro X: オーディオ・ファイル・エディタでオーディオファイル内を移動する

オーディオ・ファイル・エディタでオーディオファイル内を移動する

オーディオ・ファイル・エディタの移動機能を使うと、オーディオファイル内の特定の個所へ移動でき、選択や編集を効率的かつ正確に行うことができます。

波形オーバービューをクリックすると、選択範囲(再生ヘッド位置の周辺)が波形ディスプレイに表示されます。ほかのウインドウと同じように、スクロールバーや拡大/縮小コントロールを使用できます。

図。波形オーバービューにプレビューアイコンが表示されたサンプルエディタ。

編集メニューの移動コマンドを使う

次の「編集」>「移動」メニューコマンドを使って、オーディオファイル内の特定の個所にすばやく移動できます。

  • 選択範囲の始まり(またはControl+Shift+←キー)

  • 選択範囲の終わり(またはControl+Shift+→キー)

  • リージョン開始(またはControl+←キー)

  • リージョン終了(またはControl+→キー)

  • リージョンアンカー(またはControl+↓キー)

  • 前のトランジェント(またはCommand+←キー)

  • 次のトランジェント(またはCommand+→キー)

オーディオファイル内で音の一番大きい個所に移動する

オーディオ・ファイル・エディタには、選択したオーディオファイルをスキャンして、音の一番大きい個所を調べる機能があります。音の一番大きい個所が見つかると、波形ディスプレイでその個所に再生ヘッドが移動します。

  • 「機能」>「ピークを検出」と選択します(またはShift+Pキーを押します)。

オーディオファイル内の無音パッセージに移動する

選択したオーディオファイルまたは選択範囲をスキャンして、すべての無音個所を調べることができます。オーディオ・ファイル・エディタによって無音個所が見つかると、最初の無音個所の開始位置に再生ヘッドが移動します。

  • 「機能」>「無音部分を検出」と選択します(またはShift+Sキーを押します)。

    このコマンドを繰り返し実行すると、オーディオファイル内の無音部分を順次選択して、削除または修正することができます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?