Logic Pro X: オーディオ・ファイル・エディタのインターフェイスの概要

オーディオ・ファイル・エディタのインターフェイスの概要

オーディオ・ファイル・エディタには、以下の要素があります。

図。主要な要素が表示されたサンプルエディタ。
  • 波形オーバービュー: オーディオ波形全体の縮図が表示されます。個々の部分をクリックすると、下にある波形ディスプレイに各部が拡大表示されます。

  • 波形ディスプレイ: 波形オーバービューで選択した波形領域が詳細表示されます。

  • トランジェント編集モードボタン: オーディオファイルのトランジェントイベントを分析し、マーキングします。(+)ボタンと(-)ボタンを使って、検出するイベントの数を増減できます。

  • 再生ヘッドの「キャッチ」ボタン: 現在の再生位置を示します。

  • ツールメニュー: ポップアップメニューから2つのツールを選択します。2つ目の(代替)ツールはOptionキーで選択します。

  • 「Preview」ボタン: 選択したファイル、リージョン、またはループの再生を開始/停止します。

  • 「サイクル」ボタン: 選択範囲をループ再生します。

  • 拡大/縮小スライダ: ドラッグすると、横方向と縦方向の拡大/縮小レベルが調整されます。

  • 情報ディスプレイ: 選択範囲の開始位置と長さが表示されます。

  • ルーラ: プロジェクト内でのリージョンの位置を示します。ソングにまだオーディオファイルを追加していない場合は、位置マーカーラインが点線になって、時間的なつながりがないことを示します。

  • リージョンマーカー: リージョンの長さを示します。この縦棒を動かして、リージョンの長さを調整します。

  • アンカー: オーディオファイルの絶対開始位置を示します。

  • アンプリチュードスケール: オーディオ波形の振幅をパーセンテージまたはサンプル単位で示します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?