Logic Pro X: オーディオ・ファイル・エディタの概要

オーディオ・ファイル・エディタの概要

オーディオ編集で日常的に行う作業のほとんどは、メインウインドウとオーディオ・トラック・エディタで実行できます。オーディオ・トラック・エディタは、オーディオ素材に含まれるポップ音やクリック音を除去したり、ループ再生のクロスオーバーポイントを正確に設定したり、位相キャンセルエラーを訂正したりする場合に便利です。

オーディオ・ファイル・エディタでは、オーディオファイル内で音量が急激に大きくなるポイント(トランジェント)を示すトランジェントマーカーを操作できます。トラックのFlexタイミング編集をはじめて有効にすると、そのトラックのオーディオのトランジェントが分析されます。ファイル内で検出されたトランジェントにマークが付けられます。

重要:オーディオ・ファイル・エディタで実行する編集および機能のほとんどは、破壊的に行われます。つまり、オーディオファイルのデータが実際に変更されます。実行した編集や処理コマンドを取り消す機能はありますが、オリジナルのオーディオファイルではなく、そのコピーで作業するようにしましょう。

オーディオ・ファイル・エディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • オーディオ・トラック・ヘッダをクリックし、コントロールバーの「エディタ」ボタンをクリックしてから、「ファイル」をクリックします。

  • メインウインドウでオーディオリージョンを選択して、「ウインドウ」>「オーディオ・ファイル・エディタを開く」と選択します。

  • プロジェクト・オーディオ・ブラウザで、Optionキーを押しながらオーディオリージョンをダブルクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?