Logic Pro X: レーンセットを使う

レーンセットを使う

レーンの組み合わせをレーンセットとして保存できます。レーンセットの保存時には、ステップエディタでの縦方向の拡大/縮小設定も保存されます。各プロジェクトで必要な数だけレーンセットを保存できます。

レーンセット機能を使えば、ステップエディタに表示するレーンを、必要なMIDIイベントタイプだけに絞ることができます。たとえば、シンセサイザーリードのMIDIリージョンを録音したとします。このリージョンに含まれるノートピッチごとにレーンを作成し、それらをまとめたレーンセットを作成できます。各ノートイベントのステップを上下にドラッグすることでレベルを調整できます。同じレーンセット内にさらに、リードシンセサイザーのフィルタ・カットオフ・パラメータを制御するレーンとフィルタ・レゾナンス・パラメータを制御するレーンを作成すれば、フィルタを変化させたりフィルタの変化を微調整したりすることもできます。

図。単一のノートピッチを操作するノートイベントレーンが表示されたステップエディタ。

ステップエディタには、デフォルトのレーンセットが2つあります。「MIDI Controls」と「GM Drum Kit」です。

  • MIDI Controls: 「Volume」、「Pan」、「Modulation」など、よく使うコントローラタイプ用のレーンが含まれます。

  • GM Drum Kit: GM(General MIDI)ドラムマップのノート名に一致するレーンが含まれます。このオプションを使うと、ドラムパートのノートイベント(ステップ)を描くことができます。これは、各ビートをグリッドに手入力するという、パターンベースのドラムマシンを利用するケースに似ています。このレーンセットはその他のタイプの音源にも使用できます。

レーンセットを切り替える

既存のレーンセットをステップエディタに読み込んで、特定のイベントタイプを表示できます。

  • インスペクタの「レーンセット」ポップアップメニューからレーンセットを選択します。

レーンセットを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ステップエディタのメニューバーで「レーン」>「新規レーンセット」と選択します(または「レーンセット」ポップアップメニューか、対応するキーコマンドを使います)。

    新しいレーンセットには、「ボリューム」コントローラ(#7)用のデフォルトレーンが含まれます。レーンやレーンパラメータを追加または変更したり、縦方向の拡大/縮小設定を変更したりすると、現在のレーンセットに変更内容が自動的に保存されます。

  • 「レーン」>「新規レーンセット(現在のイベント)」と選択します(または「レーンセット」ポップアップメニューか、対応するキーコマンドを使用します)。これにより、現在選択しているイベントタイプを含む新しいレーンセットが作成されます。

GMドラムキット用のレーンセットを作成する

General MIDIでは、ドラムサウンドおよびパーカッションサウンド用のキーボード割り当てパターン(MIDIノートマップ)を規定しています。このマッピング標準は、GM、GS、またはXG準拠ではない多くのサウンドモジュール、サンプラー、およびシンセサイザーで採用されています。ただし、デバイスによっては、一部を変更する必要があります。

ステップエディタはドラムキットの作成と編集に適しており、必要に応じて、正確なドラム名やハイハットモードなどを使って自分のドラムセットに合わせたレーンセットを作成できます。

  • ステップエディタのメニューバーで「レーン」>「新規レーンセット(GMドラム)」と選択します(または「レーンセット」ポップアップメニューか、対応するキーコマンドを使います)。

    レーンセットの各ドラムレーンまたはパーカッションレーンの名前、位置、およびハイハットモードを変更できます。独自のキットに含まれるドラムサウンドがGMマッピング標準とは異なる場合、それらの名前を変更する方法については、レーンインスペクタを使うを参照してください。

ハイハットグループを定義する

ハイハットモードでは、レーンをグループにまとめることができます。どのルーラ位置でも、再生できるのはグループ化したレーンの中の1つのイベントのみになります。この機能は通常、異なるハイハットノート(オープン、クローズ、ペダル)が同じ時間位置に挿入されないようにするためのものです。実際のハイハットも、オープンとクローズを同時に鳴らすことはできないからです。

  1. レーン名(「Open HH」など)の左に表示されている点をクリックします。

  2. そのすぐ上または下のレーン名(「Ped HH」など)の左に表示されている点をクリックします。

    列の左端で、2つのレーンの点が線で結ばれます。

    図。ハイハットグループを作成する。
  3. 各レーンの点をクリックしてハイハットモードをオフにします。

    ハイハットグループのすべてのレーンは、上下に隣接している必要があります。離れた位置にあるレーンのイベントをグループ化するには、「ステップエディタ」ウインドウでレーン名を上下にドラッグしてレーンを移動します。

    ハイハットグループのレーンのいずれかにイベントを追加すると、この時間位置にある既存のイベントはすべて削除されます。

    レーンセット内には必要な数だけハイハットグループを作成できますが、各グループの間には、ハイハットグループに属していないレーンを少なくとも1つ挟む必要があります。

レーンセットの名前を変更する

  • 「レーンセット」ポップアップメニューから「レーンセットの名前を変更」を選択します。新しい名前を入力してから、Returnキーを押します。

    図。インスペクタでレーンセットの名前を入力する。

現在のレーンセットの内容を消去する

レーンセットの内容を消去すると、「ボリューム」コントローラ用のレーンが1つだけあるデフォルトの状態にリセットされます。

以下のいずれかの操作を行います:

  • ステップエディタのメニューバーで「レーン」>「レーンセットを消去」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

  • インスペクタの「レーンセット」ポップアップメニューから「レーンセットを消去」を選択します。

現在のレーンセットを削除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ステップエディタのメニューバーで「レーン」>「レーンセットを削除」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

  • インスペクタの「レーンセット」ポップアップメニューから「レーンセットを削除」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?