Logic Pro X: ステップエディタの概要

ステップエディタの概要

ステップエディタは、MIDIのノートやコントローラデータを作成および編集できるグラフィカルエディタです。MIDIイベントがタイプごとにリージョン内のタイムラインに沿って縦棒(ステップ)で表示されます。これらのMIDIイベントを表示および編集できます。

図。主要な要素が表示された「ステップエディタ」ウインドウ。
  •  ステップ: MIDIイベントを表す縦棒です。イベントの値は棒の高さで表され、各イベントとその値を一目で把握できます。詳しくは、ステップエディタでステップを作成するおよびステップエディタでステップの値を変更するを参照してください。

  •  レーン: MIDIイベントがタイプ(ノートとMIDIコントローラ)ごとに配置される横長の領域です。各レーンは縦に積み重ねられます。これらはトラック領域のトラックレーンに似ています。各レーンで表示および制御するイベントのタイプは、自由に設定できます。インスペクタにある各レーンのレーンパラメータを使用します。詳しくは、レーンパラメータの概要を参照してください。

  •  レーンインスペクタ: 選択したレーンの設定を変更できます。詳しくは、レーンインスペクタを使うを参照してください。

  •  「レーンセット」ポップアップメニュー: 一連のレーン(定義した複数のレーン)はレーンセットとして保存可能です。インスペクタの「レーンセット」ポップアップメニューでは、これら保存したレーンセットにアクセスできます。詳しくは、レーンセットを使うを参照してください。

ステップエディタをパネルとして開く

  • コントロールバーの「エディタ」ボタン をクリックし、「ステップエディタ」ボタンをクリックします。

    図。「ステップエディタ」ボタン。

ステップエディタを別のウインドウで開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「ウインドウ」>「ステップエディタを開く」と選択します。

  • 「ステップエディタ」ボタンをドラッグします。ドラッグすると、ステップエディタのウインドウに変わります。

    図。「ステップエディタ」ボタンをドラッグする。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?