Logic Pro X: イベントフロートウインドウ

イベントフロートウインドウ

イベントフロートウインドウは、現在選択中のイベント(またはリージョン)情報を表示する、いわば1行だけのイベントリストです。このウインドウでは、以下のパラメータを編集できます。

図。イベントフロートウインドウ。
  • 小節、拍、ディビジョン、ティック、またはSMPTEタイムの単位による、選択中のイベントまたはリージョンの開始位置

  • 選択中のイベントまたはリージョンの種類または名前

  • 録音したMIDIチャンネルおよび第1データバイト(イベントの場合)、ノート名、第2データバイト(イベントタイプにある場合)

  • 小節、拍、ディビジョン、ティック、またはSMPTE時間の単位による、選択中のイベントまたはリージョンの長さ

イベントフロートウインドウを開く

  • 「ウインドウ」>「イベントフロートを表示」と選択します(または、「イベントフロートを切り替える」キーコマンドを使います。デフォルトはOption+Eキーです)。

イベントフロートウインドウの表示をSMPTE時間と小節/拍の間で切り替える

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「プロジェクト設定」>「一般」パネルを開き、「プロジェクトのタイプ」の「ミュージックグリッドを使用」をクリックして、小節と拍による時間形式を表示します。このチェックボックスをもう一度クリックしてクリアする(チェックを外す)と、時間が分/秒形式で表示されます。

  • イベントリストで「表示」>「イベントの位置と長さを時間で表示」と選択します。これは「ミュージックグリッドを使用」が有効な場合にのみ適用されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?