Logic Pro X: メタイベント

メタイベント

メタイベントとは、「Logic Pro」固有のコントロールメッセージです。このイベントは、特定の機能を自動化する場合や、MIDIイベントでは表現できないスコアエディタの要素(特殊な記号や書式)を整理して並べる場合に利用します。

図。メタイベントが表示されたイベントリスト。

「番号」列の値はメタイベント機能を規定し、「値」列の値は送信する値を規定します。「長さ/情報」列には、「番号」列の値に対応するメタイベント機能の名前が表示されます。

イベントリストでは、以下の列の値の挿入および編集だけを行うことを強くお勧めします:

  • Ch(チャンネル): イベントのMIDIチャンネルです。範囲は1-16です。

  • 番号= 47(MIDIにバイトを送信): トラック音源でバイト値(「値」)が0-255($00-$FF)であれば送信します。たとえば、バイト値246を送信した場合、これはMIDIチューニング・リクエスト・メッセージに相当します。ディスプレイには、「Send Byte $F6」と表示されます。メタイベントは、操作内容に関する知識がある場合にのみ利用してください。サウンドモジュールやシンセサイザーの動作不良につながる可能性があります。

  • 番号= 48(スイッチフェーダー): ケーブルスイッチャーで特定の出力番号(「値」)にMIDIイベントを送信します。まず対象となるケーブルスイッチャーとトラック音源をケーブル接続する必要があります。ケーブルスイッチャーの詳細については、ケーブルスイッチャーを参照してください。

  • 番号= 49(スクリーンセットに移動): このイベントはスクリーンセットを選択します。「値」はスクリーンセット番号を規定します。スクリーンセットの詳細については、スクリーンセットを作成する/呼び出す/切り替えるを参照してください。

  • 番号= 50(プロジェクトの選択): このイベントはMIDIデータファイラーまたはプレーヤー上のプロジェクトを切り替えます。「値」は保存したプロジェクト番号を規定します。

  • 番号= 51(マーカーに移動): このイベントが送信されると、再生は別のマーカーにジャンプします。「値」はマーカー番号を規定します。マーカーの詳細については、マーカーの概要を参照してください。

  • 番号= 52: このメタイベントは再生を停止します。

メタイベントは、エンバイロメントのフェーダーオブジェクトでも生成できます。エンバイロメントの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?