Logic Pro X: ノートイベント

ノートイベント

ノートイベントは、ソフトウェア音源と外部MIDIサウンドのモジュールやキーボードをトリガ(演奏、再生)するのに使われます。

図。ノートイベントが表示された「イベントリスト」タブ。
  • Ch(チャンネル): ノートのMIDIチャンネルです。範囲は1-16です。

  • 番号: MIDIノート番号(ピッチ)です。範囲はC -2(ノート番号0)-G8(ノート番号127)です。中央のCはノート番号60です。これは、MIDI用語ではC3と呼ばれています。一部のキーボードとシンセサイザーモジュール(代表的なのはKorg製やRoland製)では、ノート範囲はC -1(ノート番号0)-G9(番号127)です。これらのデバイスでは、中央のCはC4と呼ばれています。「Logic Pro」>「環境設定」>「表示」の「一般」パネルで「中央Cの表示形式」ポップアップメニューを選択すると、お使いのデバイスに適した表示に変更できます。

  • 値: ノートのベロシティです。範囲は1-127です。値ゼロ(0)はノート・オフ・メッセージになるので使用できません。

  • 長さ/情報: ノートの長さです。MIDIで転送できるのはノートオンまたはノートオフのメッセージだけですが、「Logic Pro X」では、ノートを簡単に見つけるための音楽情報として全ノートの位置と長さの情報が保存されます。ノートオフメッセージは、再生中に自動的に生成されます。

編集したMIDIリージョンを、マップドインストゥルメントで再生した場合、各ノートに定義された名前が「状況」列に表示されます。各名前の左側にある小さな音符記号により、名前の付いたイベントがノートイベントであると判断できます。

図。イベントリストにマップドインストゥルメントのノート名が表示された「マップドインストゥルメント」ウインドウ。

ノートのリリース・ベロシティ・データを表示する/変更する

「追加情報」ボタンをオンにすると、ノートイベントのリリースベロシティを編集できます。

  • 「追加情報」ボタンをクリックします(フィルタモードでのみ利用可能)。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?