Logic Pro X: イベントの位置と長さを変更する

イベントの位置と長さを変更する

イベントリストの「位置」列と「長さ/情報」列の単位は、小節、拍、ディビジョン、およびティックです(「表示」>「イベントの位置と長さを時間で表示」が有効な場合はSMPTE時間も)。カウントはどの単位でも1から始まり(第1小節、第1拍、第1ディビジョン、第1ティックは「1 1 1 1」となります)、次に大きい単位に上がるまでカウントは続きます。

数値の入力は左から始まります(つまり、イベントを特定の小節の頭に移動する場合は、小節の番号を入力して、Returnキーを押すだけです)。各単位は、スペース、ピリオド、またはカンマで区切ることができます。つまり、「3.2.2.2」、「3, 2, 2, 2」、または「3 2 2 2」のいずれの形式でも入力できます。

イベントの時間位置を変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 位置インジケータ(「位置」列)をダブルクリックし、新しい値を入力します。Returnキーを押してフィールドの入力を確定します。

  • 特定の位置の数値を縦方向にドラッグします。目的の位置でマウスボタンを放します。

ピアノ・ロール・エディタなどのエディタが開いている場合、値の変更に合わせてノートイベントも動くのが見えます。イベントの位置を変更すると、リストも自動的に並べ替えられます。現在選択中のイベントは強調表示されたままです。

イベントの長さを変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 長さ/情報インジケータ(「長さ/情報」列)をダブルクリックし、新しい値を入力します。Returnキーを押してフィールドの入力を確定します。

  • 特定の長さ/情報の数値を縦方向にドラッグします。目的の位置でマウスボタンを放します。

イベントリストの値を変更すると、開いているその他のエディタ(ピアノ・ロール・エディタなど)に変更後の値がすぐに表示されます。

注記:入力できる長さの最小値は1ティックです。この列で0を入力してノート(またはその他のイベント)のオン/オフを切り替えることはできません。

「位置」列および「長さ」列の外観を変更する

  • すべてのプロジェクトが小節や拍を利用するわけではありません。たとえば、フィルムやビデオで作業をしている場合、以下のいずれかの「表示」メニューコマンドを使うと、イベントの位置と長さをより簡単に変更できるようになります。

    • 「表示」>「イベントの位置と長さを時間で表示」: SMPTE単位で位置および長さの列を表示します。

    • 「表示」>「長さを絶対位置で表示」: ノートオンからの長さではなく、ノートオフの絶対位置が表示されます。

    • 「表示」>「相対位置」: イベントの位置が、プロジェクト内の絶対位置ではなく、MIDIリージョン内の相対位置(MIDIリージョンの先頭からの位置)で表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?