Logic Pro X: イベントリストでイベントを作成する

イベントリストでイベントを作成する

イベントリストでは、リアルタイム録音とステップ録音のどちらのMIDIイベントも受け付けられます(「録音の概要」を参照してください)。ほかのMIDIエディタと同様、イベントリストで直接イベントを作成することも可能です。

イベントリストでは、高度なコピーと移動を実行することもできます。これらのコマンドを利用すると、イベントを直接置き換えたり、リージョンの一部に含まれるすべてのノートを同じリージョン内の別の部分または別のリージョンに結合したりできます。詳しくは、ピアノ・ロール・エディタでノートをコピーするを参照してください。

イベントを手動で追加する

  1. 挿入位置に再生ヘッドを移動します。

    移動しない場合、現在の再生ヘッド位置が挿入位置となります。

  2. 「イベントタイプ」ポップアップメニューからイベントタイプを選択します。

  3. 「イベントを追加」ボタン(+)をクリックします。

    イベントが再生ヘッド位置に追加され、自動的に選択状態になります。

重要:イベントを作成できるのは、既存のリージョン内だけです。リージョンを選択していない場合、または選択したトラック上にリージョンがない場合は、警告が表示されます。

既存のイベントを複製する

この操作は、イベントのコピーを異なる値で作成する場合に便利です。たとえば、特定の長さとベロシティの1つ以上のノートを同じ位置に別のノートとして作成することで、複製ノートのピッチ(「番号」列)を変更してコード(新しいコードボイシング)を作成できます。

  1. 「状況」列でControlキーを押しながら元の(ソース)イベント名をクリックして、ショートカットメニューから「イベントをコピー」を選択します(またはCommand+Cキーを押します)。

  2. 「状況」列でControlキーを押しながら元の(ソース)イベント名をクリックして、ショートカットメニューから「ペースト」を選択します(またはCommand+Vキーを押します)。

  3. 表示される入力ボックスに、イベントを複製する位置を入力します。Returnキーを押した場合は、コピーしたイベントに元のイベント位置が使用されます。

クリップボードから1つまたは複数のイベントを追加する

  1. 別のエディタでイベントをコピーした後、「編集」>「ペースト」と選択します(またはCommand+Vキーを押します)。

  2. 表示される入力ボックスに、最初のイベントを複製する位置を入力します。Returnキーを押すと、最初のイベントの元の位置が保持されて利用されます。コピーしたイベントの相対的な位置関係は維持されます。

重要:位置入力ボックスは、イベントリストに固有のものです。グラフィカルなエディタの場合と同様、イベントをペーストしても、自動的には再生ヘッド位置に追加されません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?