Logic Pro X: イベントリストでイベントを選択する

イベントリストでイベントを選択する

イベントリストでは、イベントをクリックして個別に選択、ドラッグで複数選択、この両方(前に行った選択は変えない)、それにShiftキーを組み合わせた選択など、標準的な選択方法のいずれも利用可能です。

ヒント:ポインタツールでイベントを選択する場合、間違ってパラメータを変更しないように「状況」列のイベント名をクリックしてください。

イベントリストを右クリックすると、選択や編集などのコマンドのあるショートカットメニューが開きます。これらのコマンドを使うと、作業効率が上がります。

注記:右クリックのショートカットメニューにアクセスできるのは、マウスの右ボタンだけです。「Logic Pro」>「環境設定」>「一般」>「編集」と選択し、「ショートカットメニューを開く」オプションを選択します。

矢印キーでイベントを選択する/リスト内を移動する

  • 前のイベントを選択するには←キーを押し、次のイベントを選択するには→キーを押します。リストでスクロールするには、←または→キーを押したままにします。

    注記:MIDI出力ボタンがオンの場合(デフォルトではオンです)、新しく選択したイベントはすべて再生されます。これにより、選択時にイベントの音を聞いて確かめながらリストをスクロール(または再生)できます。

矢印キーで複数のイベントを選択する

  • Shiftキーを押したまま、←または→キーを押します。Shiftキーと矢印キーの両方を押したまま、複数のイベントを選択します。

イベント選択を絞り込む

「イベントタイプ」ボタンを使って、表示するイベントをフィルタリングすることで、作業を効率化できます。

  • 「イベントタイプ」ボタンを単にクリックするか、クリックした後で「編集」>「選択」メニューまたはキーコマンドの選択コマンドを使います。以下のコマンドを使用できます:

    • すべて(またはCommand+Aキー): 表示されているイベントをすべて選択します。

    • 後ろのものすべて(またはShift+Fキー): 現在選択しているイベントより後の(下の)イベントをすべて選択します。

      注記:マーキー選択範囲が有効なときは、このキーコマンドを使うと、マーキー選択範囲が(マーキー選択範囲に含まれるすべてのトラックで)プロジェクトの終了位置まで拡張されます。

    • 同じピッチの後ろのものすべて(またはControl+Shift+Fキー): 現在選択されているノートイベントと同じピッチの後続の音符をすべて選択します。

      注記:マーキー選択範囲が有効なときは、このキーコマンドを使うと、マーキー選択範囲が(マーキー選択範囲に含まれるすべてのトラックで)プロジェクトの終了位置まで拡張されます。

    • ロケータの範囲内すべて(またはShift+Lキー): ロケータの範囲内にあるイベントをすべて選択します。

      注記:マーキー選択範囲が有効なときにこのキーコマンドを使用すると、マーキー選択範囲がロケータと一致するように設定されます。

    • 選択項目を反転(またはShift+Iキー): 選択されていないイベントをすべて選択します。

    • ミュートされたイベント(またはShift+Mキー): ミュートしたイベントをすべて選択します。この選択コマンドは通常、(Deleteキーによる)削除の前に実行します。

    • 重なったイベント(またはShift+Oキー): 互いに重なったイベントをすべて選択します。これは通常、あるイベントの終了部分と次のイベントの開始部分となります。

    • 同じ色のイベント(またはShift+Cキー): 同じ色のイベントをすべて選択します。

    • 同じイベント(またはShift+Eキー): 同一の(つまりイベントタイプも値も同じ)イベントを選択します。

    • 似たイベント(またはShift+Sキー): 特定のノート(C#3など)のイベントをすべて選択します。

    • 同じMIDIチャンネル(またはShift+Hキー): 同じMIDIチャンネル上のイベントを選択します。

    • 同じサブポジション(またはShift+Pキー): それぞれの小節内で同じ位置から始まるイベントを選択します。

    • 同じアーティキュレーションID(またはShift+Dキー): 同じアーティキュレーションIDのノートイベントを選択します。

    • 最も高いノート(またはShift+↑キー): 選択されているノートイベントよりも高いピッチのノートイベントを選択します。

    • 最も低いノート(またはShift+↓キー): 選択されているノートイベントよりも低いピッチのノートイベントを選択します。

    • 前のイベント(または←キー): 選択しているイベントより前のイベントを選択します。

    • 次のイベント(または→キー): 選択しているイベントに続くイベントを選択します。

    • すべての選択を解除(またはOption+Shift+Dキー): すべてのイベントの選択を解除します。

    • ロケータ範囲外の選択を解除: ロケータの境界の外側にあるすべてのイベントの選択を解除します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?