Logic Pro X: イベントタイプをフィルタリングする

イベントタイプをフィルタリングする

選択したMIDIリージョン内のイベントを表示する場合、「イベントタイプ」ボタンを使って表示をフィルタリングできます。このボタンは下のリストから特定のイベントタイプを表示したり隠したりするため、編集したいイベントだけを表示できます。

この「イベントタイプ」ボタンを実際に活用できそうな場面として、たとえばドラムパートを録音したとします。ミックスを聴いてみると、ハイタムのノートイベント(D2)の周波数が別の音源トラックと重なっているため、ハイタムの音がすべて消えてしまっています。そこでハイタムのノートイベントだけを表示するために、ハイタムのノートイベントのいずれかを選択し、「同じリージョン/イベントを選択」キーコマンド(デフォルトの割り当てはShift+Eキー)を押します。これで値がD2のノートイベントがすべて選択されるので、まとめてミドルタムの音(B1)に変更するなどの対処ができます。

重要:イベントリストで実行する選択および編集機能はすべて、表示中のイベントにのみ影響するため、非表示のイベントを誤って変えてしまうことはありません。

イベントの表示をフィルタリングする

以下のいずれかの操作を行います:

  • 表示したいイベントタイプまたは隠したいイベントタイプ(「ノート」、「ピッチベンド」など)をポップアップメニューから選択します。

  • 表示したいイベントタイプまたは隠したいイベントタイプのボタンをクリックします。

    アクティブなボタン(点灯)に一致するイベントはリストに表示されます。アクティブでないボタン(暗色表示)に一致するイベントは隠れます。

    図。イベントタイプのボタンが表示された「イベントリスト」タブ。

フィルタリングした表示画面に追加情報を表示する

イベントリストは通常、1つのイベントにつき1行に制限されています。ただし、「追加情報」ボタンがオンの場合、イベントと共に保存した情報もすべて表示されます。

これは、特にSysExメッセージを編集する際に重要です。イベントリストには、Rel Vel(リリースベロシティ、つまりノート・オフ・メッセージ)ノートイベントも表示されます。

  • 「追加情報」ボタンをクリックすると、イベントと共に保存した情報がすべて表示されます。

    図。「追加情報」ボタンが表示された「イベントリスト」タブ。

    追加情報を選択すると、スコアレイアウト情報も表示されます。イベントリストでこの情報を編集することもできますが、スコアエディタを使った方がより効率的に作業できます。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?