Logic Pro X: 「Logic Pro」の高度なエディタ

「Logic Pro」の高度なエディタ

「Logic Pro」には、独自の方法でオーディオまたはMIDI情報の処理や操作ができる高度な編集ウインドウが複数用意されています。

「Logic Pro」の高度なエディタを使用するには、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」オプションを選択します。オーディオ・ファイル・エディタを使用するには、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」チェックボックスと「オーディオ」チェックボックスの両方を選択する必要があります。

  • イベントリスト: MIDIイベントまたはリージョンがアルファベット順に表示されます。表示されるイベントまたはリージョン値はすべて編集可能です。イベントリストの概要を参照してください。

  • ステップエディタ: MIDIイベントがレーン(メインウインドウのトラックのようなもの)にステップとして表示されます。ステップエディタの概要を参照してください。

  • オーディオ・ファイル・エディタ: オーディオ・ファイル・エディタでは、オーディオファイルの微調整、オーディオ素材に含まれたポップ音やクリック音の除去、ループ再生時の交差ポイントのサンプル精度での設定、位相キャンセルエラーの補正など、さまざまな調整ができます。オーディオ・ファイル・エディタの概要を参照してください。

  • 「MIDIトランスフォーム」ウインドウ: MIDIイベントを別のタイプまたは値のイベントにまとめて変換できます。「MIDIトランスフォーム」ウインドウの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?