Logic Pro X: オーディオ・トラック・エディタまたは拡大したトラックでオーディオのピッチを編集する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
オーディオ・トラック・エディタまたは拡大したトラックでオーディオのピッチを編集する

オーディオ・トラック・エディタでトラックに「Flex Pitch」を選択するか、トラック領域でトラックを拡大すると、そのトラックの中で個々のノートとして識別されたオーディオセクションがピアノ・ロール・エディタのノートと同じように表示されます。この方法でFlex Ptichを表示すると、ピアノ・ロール・エディタと同じ方法でノートのピッチ、時間位置、および長さを編集できます。ノートをカットしたり、複数のノートを1つに結合させたりすることもできます。

個々のノートには「ホットスポット」があり、これを使って、ピッチ、ビブラート、ゲインなどのパラメータを編集できます。

図。編集中のホットスポットが表示されているオーディオ・トラック・エディタ。

トラック領域でFlex Pitchを使用できるようにするには、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択します。

ノートのピッチを変更する

  • ノートを上下にドラッグします。

    図。オーディオ・トラック・エディタでノートを上下にドラッグしています。

ノートを移動する

  • ノートを左右にドラッグします。

    図。オーディオ・トラック・エディタでノートを左右にドラッグしています。

ノートのサイズを変更する

  • ノートの左隅または右隅をドラッグします。

    図。オーディオ・トラック・エディタでノートの右端をドラッグしています。

ノートを分割する

  • ハサミツールでノートをクリックします。

    図。オーディオ・トラック・エディタでハサミツールを使ってノートをカットしています。

複数のノートを結合させる

  • 複数のノートを選択し、接着ツールでクリックします。

    図。オーディオ・トラック・エディタで接着ツールを使って2つのノートを結合しています。

「ホットスポット」を使ってノートのパラメータを編集する

  • ノートを選択し、以下のいずれかの操作を行います:

    図。6つのホットスポットが表示されたノート。
    • ノートの先頭のピッチドリフトを編集するには: 左上のホットスポットを縦方向にドラッグします。

    • ビブラートを編集するには: 上部中央のホットスポットを縦方向にドラッグします。

    • ノートの終わりのピッチドリフトを編集するには: 右上のホットスポットを縦方向にドラッグします。

    • ゲインを編集するには: 左下のホットスポットを縦方向にドラッグします。

    • ファインピッチを編集するには: 下部中央のホットスポットを縦方向にドラッグします。

    • フォルマントシフトを編集するには: 右下のホットスポットを縦方向にドラッグします。

ビブラートツールを使ってノートのビブラートを編集する

オーディオ・トラック・エディタでの作業中に、ビブラートツールを使ってノートのビブラートを編集できます。ホットスポットをドラッグする必要はありません。

図。オーディオ・トラック・エディタのビブラートツール。

ビブラートツールを使ってビブラートを調整するには:

  1. オーディオ・トラック・エディタのメニューバーで、ツール・ポップアップ・メニューから「ビブラートツール」を選択します。

  2. ビブラートを増やすにはノートを上に、減らすには下にドラッグします。

注記:ビブラートツールはオーディオ・トラック・エディタでのみ使用でき、トラック領域では使用できません。

音量ツールを使ってノートのゲインを編集する

オーディオ・トラック・エディタでの作業中に、音量ツールを使ってノートのゲインを編集できます。ホットスポットをドラッグする必要はありません。

図。オーディオ・トラック・エディタの音量ツール。

音量ツールを使ってゲインを調整するには:

  1. オーディオ・トラック・エディタのメニューバーで、ツール・ポップアップ・メニューから「音量ツール」を選択します。

  2. ゲインを上げるにはノートを上に、下げるには下にドラッグします。

注記:音量ツールはオーディオ・トラック・エディタでのみ使用でき、トラック領域では使用できません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?