Logic Pro X: Flexマーカーを削除する/リセットする/移動する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Flexマーカーを削除する/リセットする/移動する

Flexマーカーを削除すると、その周辺で発生したタイミング変更が取り消されてオーディオ素材が元の位置にリセットされるか、前後のFlexマーカーまたはリージョン開始/終了位置のタイム・ストレッチ・オフセットに応じてリセットされます。

削除できるのは、オーディオ素材に手動で追加したFlexマーカーのみです。また、オーディオファイルに実行したすべてのFlex編集(オーディオクオンタイズを含む)を取り消すこともできます。

Flexマーカー前後のオーディオ素材のタイミングを変えずに、オーディオリージョン内でFlexマーカーの位置を変えることもできます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択した場合は、オーディオ・トラック・エディタでもFlex Timeを使用できます。

オーディオリージョンからFlexマーカーを1つ削除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Flexマーカーの上にポインタを置き、リージョンヘッダの「X」記号をクリックします。

  • Flexマーカーをダブルクリックします。

  • 消しゴムツールでFlexマーカーの上をドラッグします。

    重要:消しゴムツールは波形本体でのみ使用してください。リージョンヘッダで使用するとリージョン全体が削除されます。

  • Controlキーを押しながらFlexマーカーをクリックして、ショートカットメニューから「Flexマーカーを削除」を選択します。

オーディオリージョンから複数のFlexマーカーを削除する

  • 消しゴムツールで複数のFlexマーカーの上をドラッグします。

    重要:消しゴムツールは波形本体でのみ使用してください。リージョンヘッダで使用するとリージョン全体が削除されます。

手動で追加したすべてのFlexマーカーをオーディオリージョンから削除する

  • Controlキーを押しながらリージョンの背景をクリックして、ショートカットメニューから「すべての手動のFlex編集をリセット」を選択します。

リージョンをオリジナルの長さにリセットする

  • Controlキーを押しながらリージョンの背景をクリックして、ショートカットメニューから「すべてのFlex編集をリセット」を選択します。

オーディオクオンタイズ処理などで自動的に配置されたFlexマーカーを含め、すべてのFlexマーカーが削除されます。

Flexマーカーを中立の位置に移動する

  • Controlキーを押しながらFlexマーカーをクリックして、ショートカットメニューから「中間位置に設定」を選択します。

Flexマーカーを削除した場合にオーディオサンプルが移動する位置と同じ位置にFlexマーカーが移動します。

タイムストレッチを行わずにFlexマーカーを移動する

  • Optionキーを押したまま、Flexマーカーをドラッグします。

    図。Optionキーを押した状態でFlexマーカーがドラッグされているリージョン領域。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?