Logic Pro X: Flexマーカーを使ったタイムストレッチ

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
Flexマーカーを使ったタイムストレッチ

トラック領域でオーディオ素材のタイミングを編集するには、Flexマーカーを使用します。オーディオリージョンにFlexマーカーを追加したら、これらのFlexマーカーを使ってオーディオ素材をタイムストレッチ(圧縮または伸長)できます。タイムストレッチが行われる範囲は、前後のFlexマーカーとの間、または前後にFlexマーカーがない場合はリージョンの開始位置と終了位置との間になります。

オーディオリージョン内でFlexマーカーをドラッグするときに、ほかのオーディオリージョンのトランジェントマーカーを参照ポイントとして使うこともできます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択した場合は、オーディオ・トラック・エディタでもFlex Timeを使用できます。

Flexマーカーを使ってオーディオをタイムストレッチする

  1. トラックで使用するFlex Timeアルゴリズムを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行ってFlexマーカーを追加します:

    • 波形本体の上半分で、トランジェントマーカーの上または横にポインタを置いて、ポインタの形状が変わったらクリックします。

      トランジェントマーカー上にFlexマーカーが追加されます。

      図。トランジェントマーカーの上にFlexマーカーが作成されたオーディオリージョン。
    • 波形本体の上半分で、トランジェントマーカーがない場所にポインタを置いて、ポインタの形状が変わったらクリックします。

      クリックした位置にFlexマーカーが追加されます。

      図。トランジェントマーカーがない場所にFlexマーカーが作成されたオーディオリージョン。
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • Flexマーカーを左にドラッグします。

      オーディオ素材の中で、前のFlexマーカー、前のテンポマーカー、またはリージョンの開始位置までの部分がタイムコンプレッションされます。また、次のFlexマーカーまたは次のテンポマーカー(リージョンの終了位置と一致する場合もあります)までの部分がタイムエクスパンションされます。

      図。Flexマーカーを左に移動する前と移動した後の2つのオーディオリージョン。

      左に移動したFlexマーカーが前のFlexマーカーと交差した場合、前のFlexマーカーは前のトランジェントマーカーまで戻ります。これにより、Flex Time編集の範囲を左に拡張できます。Flexマーカーがテンポマーカーと交差したときにも同じように動きます。

      図。Flexマーカーを左に移動する前と移動した後の2つのオーディオリージョン。移動したFlexマーカーが前のFlexマーカーと重なっている。
    • Flexマーカーを右にドラッグします。

      オーディオ素材の中で、前のFlexマーカー、前のテンポマーカー、またはリージョンの開始位置までの部分がタイムエクスパンションされます。また、次のFlexマーカーまたは次のテンポマーカー(リージョンの終了位置と一致する場合もあります)までの部分がタイムコンプレッションされます。

      右に移動したFlexマーカーが次のFlexマーカーと交差した場合、次のFlexマーカーは次のトランジェントマーカーまで進みます。これにより、Flex Time編集の範囲を右に拡張できます。Flexマーカーがテンポマーカーと交差したときにも同じように動きます。

Flexマーカーを別のリージョンのトランジェントにスナップする

  1. Flexマーカーをクリックしたまま、隣接するトラックに向けて上または下にポインタをドラッグします。

    隣接するトラックのオーディオリージョンで、トランジェント間を移動するときに黄色のガイドラインが表示されます。

    図。黄色のガイドラインが表示されたリージョン領域。トランジェントマーカーにFlexマーカーがスナップされている。
  2. マウスボタンを放すと、強調表示されているトランジェントマーカーにFlexマーカーがスナップします。

オーディオリージョンに複数のFlexマーカーを追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 波形本体の下半分で、トランジェントマーカーの上または横にポインタを置いて、ポインタの形状が変わったらクリックします。

    トランジェントマーカー、前のトランジェントマーカー、および次のトランジェントマーカーに、3つのFlexマーカーが追加されます。

    図。3つのFlexマーカーが作成されたオーディオリージョン。
  • 波形本体の下半分で、トランジェントマーカーがない場所にポインタを置いて、ポインタの形状が変わったらクリックします。

    クリックした位置、前のトランジェントマーカー、および次のトランジェントマーカーに、3つのFlexマーカーが追加されます。

    図。3つのFlexマーカーが作成されたオーディオリージョン。
Published Date: 2019/09/13
Helpful?