Logic Pro X: Flex TimeとFlex Pitchの概要

Flex TimeとFlex Pitchの概要

Flex Time(ほかのアプリケーションでよくエラスティックオーディオと呼ばれるものに似ています)を使用することによって、オーディオリージョンのノートや拍などのイベントのタイミング編集作業を簡略化できます。トリム、移動、ナッジ、クロスフェードといった手法を駆使しなくても、オーディオリージョン内で指定したイベント間の時間を簡単に圧縮または伸長できます。

Flexマーカーを使うと、オーディオリージョン内のノートと拍のタイミングを編集できます。Flex Timeアルゴリズムを選択すると、オーディオトラックの内容が分析されてトランジェント(音量が急激に大きくなるポイント)が検出され、検出されたすべてのトランジェントがオーディオリージョンにマーク付きで表示されます。Flexマーカーは編集する波形内の特定の部分に追加できます。オーディオリージョンにFlexマーカーを追加したら、これらのFlexマーカーを使ってオーディオ素材をタイムストレッチ(圧縮または伸長)できます。編集の初期境界はトランジェントマーカーによって決まります。

Flex Pitchを使うと、オーディオ素材のピッチをクオンタイズおよび編集できます。オーディオ素材のピッチを編集するには、Flex Pitchアルゴリズムを選択します。ピッチ検出処理を使ってオーディオトラックの内容が分析されてピッチが検出され、結果がピッチカーブにプロットされます。

オーディオのタイミングはトラック領域で編集でき、ピッチはオーディオ・トラック・エディタで編集できます。Flex Pitchを使って、オーディオ録音からMIDIリージョンを作成することもできます。

注記:Flex Timeは「Logic Pro」のスマートテンポ機能にも統合されています。スマートテンポ機能とそこでのFlex Timeの操作方法について詳しくは、スマートテンポの概要を参照してください。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、オーディオ・トラック・エディタでFlex Time、トラック領域でFlex Pitchを使用することもできます。

トラック領域でFlexをオンにする

  1. Flexパラメータを表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • トラック領域のメニューバーで、「編集」>「Flex Pitch/Flex Timeを表示」と選択します(またはCommand+Fキーを押します)。

    • トラック領域のメニューバーにある「Flexを表示/隠す」ボタン をクリックします。

    各オーディオトラックのトラックヘッダに、トラックの「Flex」ボタンと「Flex」ポップアップメニューが表示されます。

    図。オーディオ・トラック・ヘッダの「Flex」ボタンと「Flex」ポップアップメニュー。
  2. 編集したいオーディオトラックのトラックヘッダにある、トラックの「Flex」ボタン をクリックします。

    トラック領域で、上の図のようにトラック上のリージョンの波形内にトランジェントマーカーが表示されます。リージョンインスペクタの「Flex」チェックボックスが選択されます。トラックインスペクタで「Flex」ポップアップメニューを使用できるようになります。トラック領域のオーディオ波形にトランジェントマーカーが表示されない場合は、トラックインスペクタの「Flex」チェックボックスが選択されていることを確認してください。

  3. 「Flex」ポップアップメニューから「Flex Pitch」、またはFlex Timeアルゴリズムのいずれかを選択します。

    図。開いてる「Flex」ポップアップメニュー。

オーディオ・トラック・エディタでFlexをオンにする

  1. 以下のいずれかの操作を行って、オーディオ・トラック・エディタを開きます:

    • トラック領域でオーディオトラックを選択してから、「表示」>「エディタを表示」と選択します。

    • トラック領域でオーディオトラックを選択し、コントロールバーの「エディタ」ボタン をクリックします。

    • オーディオリージョンをダブルクリックします。

  2. オーディオ・トラック・エディタのメニューバーで「Flexを表示/隠す」ボタン をクリックします(またはCommand+Fキーを押します)。

    注記:キーボードショートカットを使う前にオーディオ・トラック・エディタのワークスペースをクリックし、オーディオ・トラック・エディタにキーフォーカスを与えてください。

    選択したトラックでFlexがまだオンになっていない場合は、オンにするかどうかを確認するダイアログが表示されます。オーディオ・トラック・エディタのメニューバーにある「Flexを表示/隠す」ボタンの右側に「Flex」ポップアップメニューが表示されます。

  3. 「Flex」ポップアップメニューから「Flex Pitch」、またはFlex Timeアルゴリズムのいずれかを選択します。

    図。開いてる「Flex」ポップアップメニュー。

すべてのオーディオトラックに同じFlexアルゴリズムを割り当てる

  • トラック領域またはオーディオ・トラック・エディタで、Shiftキーを押したまま、「Flex」ポップアップメニューからFlexアルゴリズムを選択します。

Flex編集処理から個々のリージョンを除外する

  • オーディオリージョンまたはテイクリージョンを選択してから、リージョンインスペクタの「Flex」チェックボックスの選択を解除します。

リージョンまたはテイクリージョンのすべてのFlex編集プロパティが無効になりますが、削除されず、リージョンは元の速度で再生されます。リージョンのFlex編集プロパティを再度有効にするには、「Flex」チェックボックスを再選択します。

図。選択したリージョンの「Flex」チェックボックスの選択が解除されたリージョンパラメータボックス。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?