Logic Pro X: ドラムを演奏してキットピースの設定を調整する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ドラムを演奏してキットピースの設定を調整する

Drum Kit Designerには、現在読み込まれているパッチまたはプラグイン設定用のドラムキットが立体的に表示されます。

すべてのキットで、ドラムの演奏や、各ドラム・キット・ピースのピッチ、サスティン、音量の編集、キックドラムとスネアドラムの交換ができます。Producer Kitを使えば、タム、シンバル、ハイハットの交換もできます。Producer Kitでは、オーバーヘッドマイクやルームマイクなどの各種マイクのオンとオフの切り替えもできます。

注記:Producer Kitと一部のドラムは追加のコンテンツをダウンロードした場合のみ使用できます。

Drum Kit Designerには、シェーカーやカウベルなどのほかの楽器のゲインを調整する追加の設定もあります。

ドラムを演奏する

  • ドラムをクリックします。

プラグインを開いてからはじめてドラムをクリックすると、1つまたは2つのパネルが開きます。左側の交換パネルでは個々のドラムを交換できます。右側の「Edit」パネルでは個々のキットピースの設定を編集できます。

キットピースの設定を調整する(すべてのキット)

  1. ドラムをクリックします。

    右側に「Edit」パネルが開きます。

    図。Drum Kit Designerの「Edit」パネル。
    • タム: 編集するタムのタブをクリックするか、「All」タブをクリックしてすべてのタムのトーンを調整します。

    • シンバル: 編集するクラッシュシンバルのタブをクリックするか、「All」タブをクリックして両方のクラッシュシンバルのトーンを調整します。ライドシンバルは直接編集できます。

    • キックおよびスネア: タブはありません。コントロールを使って調整します。

  2. 以下のいずれかの操作を行って、設定を調整します:

    • ピッチを調整するには: 「Tune」ノブを上下にドラッグするか、フィールドをダブルクリックして新しい値を入力します。

    • ダンピングの度合いを調整するには: 「Dampen」ノブを上下にドラッグするか、フィールドをダブルクリックして新しい値を入力します。

    • 音量を調整するには: 「Gain」ノブを上下にドラッグするか、フィールドをダブルクリックして新しい値を入力します。

  3. プラグインウインドウの背景をクリックして、パネルを閉じます。

マイクの設定を調整する(Producer Kitのみ)

「Edit」パネルで、以下のいずれかの操作を行います:

  • サウンドをほかのキットピースのマイクに含めるには: 「Leak」スイッチをオンにします。

    図。Drum Kit Designerの「Leak」スイッチ。

    あるキットピースの音が別のキットピース用のマイクから拾われることで発生する、マイクの被り音のオンとオフを切り替えます。

  • キットピースのオーバーヘッドマイクをサウンドに含めるには: 「Overheads」スイッチをオンにします。

    図。Drum Kit Designerの「Overheads」スイッチ。

    選択したキットピースのオーバーヘッドマイクのオンとオフを切り替えます。

  • 2つのルームマイク設定のいずれかを選択するには: ルームAとBのいずれかを選択します。ルームマイクをオフにすることもできます。

    図。Drum Kit Designerの「Room」スイッチ。

    ルームAおよびBによって、キットピースに使うルームマイクの設定が決まります。

その他のパーカッション楽器の音量を調整する

  1. プラグインウインドウの左下隅にある開閉用三角ボタンをクリックすると、追加の設定が表示されます。

    図。プラグインの開閉用三角ボタン。
  2. スライダをドラッグして(またはフィールドを上下にドラッグして)、対応する楽器の音量を調整します:

    図。Drum Kit Designerの追加パラメータ。
    • Shaker Gain

    • Tambourine Gain

    • Claps Gain

    • Cowbell Gain

    • Sticks Gain

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?