Logic Pro X: Drum Kit Designerの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Drum Kit Designerの概要

Drum Kit Designerは豊富なドラムサウンドから独自のドラムキットを作成するためのソフトウェア音源プラグインです。キットの各ピースのサウンド特性を変更できるコントロールも備えています。さまざまなマイクや音響空間を使ってProducer Kitを拡張することもできます。

Drum Kit Designerのインターフェイスは以下の主要領域に分かれています。

図。ドラムキット、交換パネル、「Edit」パネルが表示されたDrum Kit Designer。
  • ドラムキット: ドラムキットのピースをクリックするとサウンドが再生され、「Edit」パネルが開きます。また、そのドラムタイプに交換用のピースを使用できる場合は交換パネルも開きます。

  • 交換パネル: 交換に使えるすべてのドラムが表示されます(スクロールが必要な場合があります)。

  • 「Edit」パネル: サウンドの特性を変更するための設定が表示されます。

Drum Kit Designerを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  1. 「Rock」、「Alternative」、「Songwriter」、または「R&B」のジャンルからドラマーを選択するか、ソフトウェア音源トラックを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • Drummerエディタで: ドラマーのカードの下部にある「プラグイン」ボタン(ドラマーに関連付けられたデフォルトのパッチが表示されています)をクリックします。

      図。Drummerエディタの「Drum Kit Designerプラグイン」ボタン。
    • インスペクタまたはミキサーで: Drummerトラックの対応するチャンネルストリップのスロットで「Drum Kit Designer」をクリックします。

      図。チャンネルストリップのDrum Kit Designerプラグインスロット。
    • ソフトウェア音源チャンネルストリップで: 音源スロットをクリックし、ポップアップメニューから「Drum Machine Designer」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?