Logic Pro X: ドラマーの演奏を編集する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ドラマーの演奏を編集する

Drummerエディタにはこのほかにも、ドラマーの演奏スタイルに影響を与える多数の設定があります。これらの設定はプリセット領域の右側にあります。

図。Drummerエディタの右側の領域。

演奏の複雑さや音量を編集したり、ドラムキットとパーカッションのピースをミュートおよびミュート解除したり、タム、シンバル、ハイハット、またはパーカッション楽器で演奏するパターンを選択したりすることができます。パーカッションアイコンを使って各種の楽器をオンにすることができます。また、ドラムおよびパーカッションのピースのさまざまなバリエーションから選択できます。キックとスネアをハーフタイムまたはダブルタイムで演奏することもできます。

演奏の複雑さや音量を調整する

  • XYパッドでパックをドラッグして位置を変更します。

    図。DrummerエディタのXYパッド。

パックを右端に近付けるとサウンドの複雑さが増し、高く配置するとサウンドの再生音量が大きくなります。

アコースティックドラムまたはパーカッション楽器のパターンのバリエーションを選択する

  • 楽器を選択し、右側でその楽器のスライダをドラッグして数値を選択します。目的の数値をクリックして選択することもできます。

    図。アコースティックパターンのバリエーションコントロールが表示されたDrummerエディタ。

    同じカテゴリの複数の楽器を選択できることもあります。

エレクトリックドラムまたはパーカッション楽器のパターンのバリエーションを選択する

  • 楽器を選択し、右側でその楽器のスライダをドラッグして数値を選択します。目的の数値をクリックして選択することもできます。

    図。エレクトリックパターンのバリエーションコントロールが表示されたDrummerエディタ。

    同じカテゴリの複数の楽器を選択できることもあります。

ドラムまたはパーカッション楽器をミュートする/ミュート解除する

図。ミュートおよびミュート解除されているDrummerエディタのキットピース。
  • ピースを演奏に含めるには: ピースをクリックして選択します(ミュートを解除します)。

  • ピースを演奏から除外するには: ピースをクリックして淡色表示にします(ミュートします)。

アコースティックドラムのキックとスネアのハーフタイムまたはダブルタイムバリエーションを使う

  • 「キックとスネア」スライダの右端にある「1/2」または「2x」を選択します。

    図。キックとスネアのダブルタイムバリエーションを選択する。

ブラシキットを使ってドラマーのスネアブラシ奏法を調整する

スネアブラシを使用するドラマーを選択すると、「キックとスネア」スライダの下に「Brush Sweep」または「Brush Taps」チェックボックスが表示されます。「Brush Sweep」を選択すると、パーカッションフィル風の、ブラシで表面を擦るスイープ奏法ができます。「Brush Taps」を選択すると、ブラシでスネアを軽く叩くタップ奏法ができます。

  • 「キックとスネア」スライダの左下にある「Brush Sweep」または「Brush Taps」チェックボックスを選択します。

    図。「Brush Sweep」チェックボックス。

    注記:選択したドラマーが使用するブラシ奏法に応じてチェックボックスの名前が変わります。たとえば「Austin」を選択した場合、このドラマーはブラシタップ奏法を使うため、チェックボックス名が「Brush Taps」になります。「Tyrell」を選択した場合、このドラマーはブラシスイープ奏法を使うため、チェックボックス名が「Brush Sweep」になります。

    選択したスネアブラシ奏法でドラマーが演奏します。

フィルおよびスウィング設定を編集する

  • フィルの数と長さを調整する: 「フィル」ノブを上下にドラッグします。

    図。Drummerエディタの「フィル」ノブ。

    鍵をクリックすると、プリセットやドラマーを切り替えてもフィル設定が変更されません。

  • 現在の演奏パターンのシャッフル感を調整する: 「スウィング」ノブを上下にドラッグします。

    図。Drummerエディタの「スウィング」ノブ。

    鍵をクリックすると、プリセットやドラマーを切り替えてもスウィング設定が変更されません。

  • スウィングを8分音符にするか16分音符にするかを設定する: 「8th」/「16th」ボタンをクリックします。

    図。「8th」/「16th」ボタン。

その他のアコースティックドラム演奏設定を編集する

  • 「詳細」ボタンをクリックしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    図。Drummerエディタの「フィーリング」ノブ、「ゴーストノート」ノブ、「ハイハット」ノブ。
    • 「フィーリング」ノブを右にドラッグするとドラマーの演奏が拍に対して早まって前ノリになり、左にドラッグすると遅れてゆったりとした後ノリになります。

    • 「ゴーストノート」ノブをドラッグすると、ビートの中のゴーストノート(スネアやキックのヒットのシンコペーション)のレベルを調整できます。

      注記:ゴーストノートを挿入できるかどうかは、選択したドラマーと複雑さの設定によって異なります。

    • 「ハイハット」ノブをドラッグすると、ドラムを演奏するときのハイハットのオープンとクローズの度合いを調整できます。

      注記:これは、ドラムキット表示でハイハットが選択されているときにのみ使用できます。

その他のエレクトリックドラム演奏設定を編集する

  • 「詳細」ボタンをクリックしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    図。Drummerエディタの「ヒューマナイズ」ノブ、「Evolution」ノブ、「複雑さの範囲」スライダ。
    • 「ヒューマナイズ」ノブをドラッグすると、完全にはクオンタイズされていないドラムパターンが生成され、よりリアルな人間らしい演奏になります。鍵をクリックすると、プリセットやドラマーを切り替えてもヒューマナイズ設定が変更されません。

    • 「フレーズバリエーション」ノブをドラッグすると、リージョン内の複数の小節にわたって生じさせるリズム変化の量を指定できます。鍵をクリックすると、プリセットやドラマーを切り替えてもフレーズバリエーション設定が変更されません。

    • プロジェクトテンポが望ましいテンポの倍数の場合に、Drummerリージョンをハーフタイムで生成するには、「自動ハーフタイム」チェックボックスを選択します。

    • 「複雑さの範囲」スライダをドラッグすると、個々のキットピースの複雑さがXYパッドに対してオフセットされます。

    • 個々のキットピースの複雑さオフセット設定をミュートするには、ドラムまたはパーカッション音源をクリックします。

Drummerエディタでの変更または選択内容は選択したリージョンにのみ影響し、トラック全体には影響しません。DrummerリージョンはXYパッドを調整すると更新されます。「スウィング」ノブと「フィル」ノブを調整すると、リージョンのタイミングが変更されます。キットピースのバリエーションのスライダを調整すると、キットピースのパターンが更新されます。

また、リージョン設定を編集せずに選択したリージョンを更新し、わずかに異なるバージョンを再生することもできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?