Logic Pro X: ドラマーと Drummerエディタの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ドラマーと Drummerエディタの概要

「ライブラリ」には Drummerトラック用のトラックベースの設定が含まれています。ドラムのジャンルとドラマーを選択して、Drummerトラックのすべてのコンテンツにサウンドと演奏スタイルを適用できます。

Drummerリージョンのコンテンツは専用の Drummerエディタで編集できます。

図。トラックベースの設定が表示された「ライブラリ」の「Drummer」メニュー。

Drummerエディタにはリージョンベースの設定が表示されます。この設定は選択した Drummerリージョンの複雑さや音量などの側面に影響します。Drummerリージョン用のプリセットを選択および作成できます。プリセットを使うと、定義済みの、リージョンベースの Drummerエディタ設定をすばやく参照できます。この設定にはパーカッションとキットピースのパターンバリエーションやフィルの設定も含まれます。

図。リージョンベースの設定が表示されたDrummerエディタ。

注記: Drummerリージョンは、リージョンの重なりがある場合を除き、MIDIリージョンを編集するのとほぼ同じ方法でトラック領域で編集できます。リージョンが重なっている場合、Drummerリージョンでは常に「オーバーラップなし」のドラッグモードが使われます。

Drummerエディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • Drummerトラックで Drummerリージョンをダブルクリックします。

  • Drummerトラックで1つ以上の Drummerリージョンを選択し、コントロールバーの「エディタ」ボタン をクリックします。

  • Drummerトラックを選択し、「エディタ」ボタン をクリックします。

Drummerエディタはトラック領域の下に開きます。

再生ヘッドの下にあるDrummerリージョンの設定を表示する

Drummerエディタには、現在選択されているDrummerリージョンの設定が表示されます。再生ヘッドの下にある Drummerリージョンが自動的に選択され、現在再生中のリージョンの設定が常に表示されるように Drummerエディタを設定できます。

  • Drummerエディタで、リージョンの左上隅にある「自動選択」ボタンをクリックします。

    図。Drummerエディタの「自動選択」ボタン。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?