Logic Pro X: オーディオリージョンのパラメータ

オーディオリージョンのパラメータ

以下のパラメータはリージョンインスペクタのオーディオリージョンで使用できます。

  • ミュート: トラック領域のリージョンを個別にミュートして再生から除外できます。

  • ループ: 「ループ」チェックボックスを選択するか、ループツールを使用して、リージョンの再生を継続的にリピートできます。(トラック領域でリージョンをループさせるを参照してください。)

  • クオンタイズ: リージョン内のすべてのノートイベントが、ポップアップメニューで選択した(クオンタイズの)グリッド形式にタイミング補正されます。クオンタイズパラメータ値の選択について詳しくは、パラメータ値をクオンタイズするを参照してください。

    注記:リージョンのクオンタイズにはクラシック・クオンタイズとスマートクオンタイズの2種類があります。種類はリージョンインスペクタの「クオンタイズ」ラベルをクリックすることで選択します。詳しくは、MIDIクオンタイズの種類を参照してください。

  • Q-スウィング: 現在のクオンタイズグリッドの各2番目の位置をパーセンテージ値で変更します。50 %を超える値に設定すると拍が後ろにずれます。50 %未満の値に設定すると前にずれます。スウィング値として現実的なのは50-75 %の範囲です。この範囲内であれば、きっちりとクオンタイズした(ジャストのタイミングで再生される)オーディオリージョンまたはMIDIリージョンにスウィング感を与えます。「Q-スウィング」などの詳細クオンタイズパラメータについて詳しくは、詳細クオンタイズパラメータを参照してください。

  • 「トランスポーズ」ポップアップメニュー: リージョンのトランスポーズを半音単位で選択します。

  • ファインチューン: リージョンのピッチオフセットをセント単位で選択します。ダブルクリックしてオフセットを入力するか、矢印をクリックしてからオフセットを選択します(10セントずつ増減できます)。

  • Flexとフォロー: リージョンのテンポをプロジェクトのテンポに合わせるかどうか、Flexを適用するかどうか、およびその分解能を選択します。詳しくは、オーディオリージョンの「Flexとフォロー」設定を選択するを参照してください。

  • ゲイン: 指定した量だけ個々のオーディオリージョンの音量を調整します。ダブルクリックしてゲインの量を入力します(単位はdB)。

「詳細」の開閉用三角ボタンをクリックすると、追加パラメータが表示されます。

  • ディレイ: リージョンの再生をティックまたはミリ秒単位で遅らせたり(正の値)、進ませたり(負の値)できます。(詳しくは、トラック領域でリージョン再生位置をシフトするを参照してください。)

  • フェードイン/速度アップ: 「フェードイン」パラメータと「速度アップ」パラメータを切り替えることができます。「フェードイン」にはフェードの音量、「速度アップ」にはフェードの再生に関する値を指定します。

  • カーブ: フェードインカーブの形状を調整します。

  • フェードアウト/速度ダウン: 「フェードアウト」パラメータと「速度ダウン」パラメータを切り替えることができます。「フェードアウト」にはフェードの音量、「速度ダウン」にはフェードの再生に関する値を指定します。

  • カーブ: フェードアウトカーブの形状を調整します。

  • トランスポーズ: 指定の量だけApple Loopsのピッチを上下に調整します。

  • 逆方向: リージョンを逆再生します。Flex Timeが適用されているトラックのリージョンでは「逆方向」パラメータは選択できません。

  • 速度: 再生速度が選択した倍数になるように調整します。オーディオApple Loopsでのみ選択できます。

  • Q-レンジ: 音楽的な技量がある程度必要とされる、非常に音楽的なクオンタイズ方法です。すでに適度なグルーブ感がありながら、ところどころ走りすぎたりもたついたりしている演奏データに役立ちます。元の感じを保ちながら、リズムの芯となるものをグルーブの中に通すことができます。値を0にすると、すべてのノートイベントがクオンタイズされます。負の値を指定すると、設定した範囲の外にあるノートイベントだけが適切なクオンタイズグリッドの位置に移動し、本来の位置に近いノートイベントはクオンタイズされず、元の位置から動きません。この結果、設定範囲から外れた、ひどい演奏のノートイベントも、クオンタイズグリッドに完全にそろった位置に、または少なくともその位置の近くに移動します。どのくらいの近さになるかは、「Q-強さ」の設定によります。

  • Q-強さ: 最も近いグリッド位置へノートイベントをどのくらい近付けるかをパーセンテージで設定します。100 %で完全なクオンタイズとなり、0 %ならノートイベントは録音時の位置のままです。

オーディオリージョンの一部のパラメータは、通常のオーディオリージョンの場合とApple Loopsの場合とで異なります。「フェード」および「ゲイン」パラメータは、通常のオーディオリージョンでは使用できますが、Apple Loopsでは使用できません。また、「トランスポーズ」および「テンポに従う」パラメータは、Apple Loopsおよびタグのないループでは使用できますが、通常のオーディオリージョンでは使用できません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?