Logic Pro X: 詳細クオンタイズパラメータ

詳細クオンタイズパラメータ

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、リージョンインスペクタの詳細クオンタイズパラメータを使って、より高い精度でリージョンをクオンタイズできます。詳細パラメータを使うと、スウィング感やクオンタイズ感をMIDIリージョンに適用することができます。一部の詳細クオンタイズパラメータは、オーディオリージョンでは利用できません。

リージョンインスペクタには以下の詳細クオンタイズパラメータがあります:

図。リージョンインスペクタのオーディオおよびMIDIリージョン用クオンタイズパラメータを表す2枚の画像。

リージョンインスペクタの「Q-スウィング」フィールドは、「クオンタイズ」ポップアップメニューの下にあります。その他の詳細クオンタイズパラメータは、「詳細」の開閉用三角ボタンをクリックすると表示できます。これらのオプションは、「オフ」を除くすべてのクオンタイズ値に適用できます。

  • Q-スウィング: 現在のクオンタイズグリッドの目盛り位置を1つおきに変更します。50 %を超える値に設定すると拍が後ろにずれます。50 %未満の値に設定すると前にずれます。現実的な設定は50-75 %の範囲です。この範囲内であれば、厳密にクオンタイズされた(タイトな演奏の)リージョンにスウィング感が出ます。

  • Q-強さ: ノートまたはトランジェントマーカーを最も近いグリッド位置にどのくらい近付けるかを指定します。値を100 %に設定すると完全にクオンタイズし、0 %に設定するとノートまたはトランジェントマーカーが録音位置にとどまります。

  • Q-レンジ: すでに適度なグルーブ感がありながら、ところどころ走りすぎたりもたついたりしている演奏データに役立ちます。元の感じを保ちながら、リズムの芯となるものをグルーブの中に通すことができます。値を0に設定すると、すべてのノートまたはトランジェントマーカーがクオンタイズされます。負の値に設定すると、指定の範囲から外れたノートまたはトランジェントマーカーだけが適切なクオンタイズグリッド位置に移動されます。適切な位置付近にあるノートまたはトランジェントマーカーはクオンタイズされません。この場合、リズムがあからさまにずれている(指定の範囲から外れた)ノートまたはトランジェントマーカーが、クオンタイズグリッドと完全に一致するタイミング位置に移動します(または少なくともその近くに移動します。どのくらい近くに移動するかは、「Q-強さ」の設定によります)。

    ヒント:「Q-レンジ」の効果を最大限に引き出すには、1/4ノートのように分母の小さい偶数の「クオンタイズ」値を使用し、録音内で最も大きいずれを補正するように「Q-レンジ」パラメータを設定します。

  • Q-Flam: 同じタイミング位置にあるノート(コードなど)を分散させます。正の値に設定すると上昇アルペジオ(低音から高音)になり、負の値に設定すると下降アルペジオ(高音から低音)になります。最初のノートイベントの位置(最低音または最高音)は変更されません。

  • Q-ベロシティ: クオンタイズされるノートのベロシティ値がテンプレートMIDIリージョンのベロシティ値の影響をどのくらい受けるかを指定します。0 %にすると、ノートイベントのベロシティ値が保持されます。100 %にすると、テンプレートのベロシティ値が適用されます。負の値を指定すると、ベロシティの値はテンプレートの値から外れていきます。

  • Q-長さ: クオンタイズされるノートの長さがテンプレートMIDIリージョンの対応するノート(同じ位置のノート)の長さの影響をどのくらい受けるかを指定します。値を0 %に設定にすると、影響をまったく受けません。100 %に設定すると、テンプレートリージョンのノートの長さと正確に同じになります。負の値を指定すると、音の長さはテンプレートの値から外れていきます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?