Logic Pro X: フェードを編集する

フェードを編集する

フェードの長さ、フェードカーブの形状、フェードタイプ、フェードの再生速度(スピードフェードとも呼ばれます)を変更できます。

リージョンインスペクタで、4つのフェードタイプのいずれかを選択することもできます。

フェードの長さを編集する

以下のいずれかの操作を行います:

  • フェードツールでフェードの開始位置または終了位置をドラッグします。

    図。リージョンにある既存のフェードの上に表示されたフェードツール。
  • リージョンを選択してから、リージョンインスペクタの「フェードイン」または「フェードアウト」値を編集します。

    図。リージョンインスペクタの「フェードイン」パラメータ。アレンジ領域にも反映されている。

フェードカーブの形状を調整する

以下のいずれかの操作を行います:

  • フェードツールで、フェードカーブをドラッグします。

  • リージョンを選択してから、リージョンインスペクタの「カーブ」値を編集します。

以下の例では、正の「カーブ」がフェードインおよびフェードアウトの両方に表示されています。

図。リージョンのフェードインとフェードアウトに正のカーブが表示されている。

以下の例では、負の「カーブ」がフェードインに表示されていますが、リニアのフェード(カーブなし)がフェードアウトに表示されています。

図。リージョンのフェードインに負のカーブが表示され、フェードアウトにはカーブが表示されていない。

フェードタイプを変更する

  • リージョンインスペクタで、「フェードアウト」ポップアップメニューからフェードのタイプを選択します。

    • アウト: フェードツールまたは「フェード」パラメータを使用すると、標準のフェードアウトが作成されます。

    • X(クロスフェード): フェードツールまたは「フェード」パラメータを使用すると、選択したリージョンとその後続のリージョンをクロスフェードします。

    • EqP(均等クロスフェード): 均等なクロスフェードにします。これを利用すると、オーディオリージョン間の音量の一時的な低下が最小限に抑えられるため、レベルが少し異なるリージョンどうしでのクロスフェードが、さらにスムーズになります。

    • X S(S字カーブクロスフェード): S字カーブのクロスフェードにします。名前の通り、フェードカーブは「S」の形になります。

ポップアップメニューの最後の3つの項目は、2つの連続するリージョンにのみ適用できます。また、「X」、「EqP」、または「X S」オプションのいずれかが選択されているときは、「フェードイン」(および対応する「カーブ」)は余分なパラメータになります。

フェードの再生速度を変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • フェードインの場合は、「速度アップ」パラメータを選択し、値を変更します。

  • フェードアウトの場合は、「速度ダウン」パラメータを選択し、値を変更します。

リージョンインスペクタの「速度アップ」および「速度ダウン」パラメータを使って、フェードの再生速度を調整できます。これらのパラメータが「フェードイン」および「フェード」パラメータと同じポップアップメニューに表示されます。

図。リージョンインスペクタの「速度アップ」および「速度ダウン」パラメータ。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?