Logic Pro X: トラック領域でMIDIリージョンのエイリアスを作成する

トラック領域でMIDIリージョンのエイリアスを作成する

MIDIリージョンまたはフォルダのエイリアスを作成できます。エイリアスはリージョンを参照しており、トラック領域の通常のリージョンと同様に表示されます。オリジナルのリージョンを変更すると、エイリアスのリージョンすべてが同様に変更されます。

エイリアスは、アレンジメント内の別々の場所でフレーズやリフを繰り返すときに便利な場合があります。エイリアスの作成後にオリジナルのリージョンに変更を加えると、プロジェクトにあるそのリージョンのエイリアスすべてに変更内容が適用されます。アレンジメント内の1つのエイリアスだけを編集して残りのエイリアスは変更しないようにするには、そのエイリアスを独立したリージョン(リージョンのコピー)に変換して個別に編集します。

エイリアスは「親」に当たるリージョンとは別のものです。このため、エイリアスごとに独自の名前を付けたり、個別にエイリアスのリージョンパラメータを編集したりすることができます。

通常のリージョンと区別するため、エイリアスの名前は斜体で表示されます。エイリアスに名前を付けると、その親リージョンの名前がエイリアス名の下に表示されます(拡大/縮小レベルが適当な場合)。

図。エイリアス名の下に親の名前が表示されているリージョン。

親リージョンの名前を変更すると、すべてのエイリアスに反映されます。

エイリアスを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Option+Shiftキーを押しながら、エイリアスの開始位置までリージョンをドラッグします。

  • エイリアスの作成先とするトラックを選択し、再生ヘッドを置き、エイリアスの作成元とするリージョンを指定したら、「機能」>「リージョンエイリアス」>「エイリアスを作成します」と選択します(または「エイリアスを作成します」キーコマンドを使います)。

    「リージョンを繰り返す」コマンドを使うこともできます。

複数のリージョンが選択されていた場合、リージョン間の相対的な時間位置とトラック位置は維持されます。選択したトラックは、トラック領域にある最初のリージョンの宛先トラックとなります。

エイリアスを割り当て直す

既存のエイリアスに対し、別のオリジナルリージョンを割り当てられます。これは、構成は正しいがパートが間違っているといった場合のアレンジメント作業に特に便利です。新しいトラックにリージョンをコピーし、エイリアスを作成し、既存のリージョンをミュートにしてから再生ボタンをクリックすることもできますが、以下に説明する手順の方がはるかに簡単です:

  1. エイリアスと、新しくオリジナルにする予定のリージョンの両方を選択します。

  2. 「機能」>「リージョンエイリアス」>「エイリアスを再割り当て」(または「エイリアスを再割り当て」キーコマンドを使います)。

エイリアスのオリジナルリージョンを検索する

あるエイリアスのオリジナルがどこにあるか分からなくなってしまった場合、検索できます。以下のいずれかの操作を行います:

  • エイリアスを指定してから、「MIDI」>「エイリアス」>「オリジナルを選択」と選択します(または「エイリアスのオリジナルを探す」キーコマンドを使います)。

  • 「機能」>「リージョンエイリアス」>「リージョンのエイリアスを選択」と選択します。

削除したソースリージョンのエイリアスを変換する

1つまたは複数のエイリアスが参照しているソースリージョンを削除する場合は、エイリアスを依存関係のないMIDIリージョンに変換するかそのまま残すかを確認されます。以下のいずれかの操作を行います:

  • この手順をキャンセルするには: 「キャンセル」をクリックします。

  • すべてのエイリアスMIDIリージョンをリアルコピーに変換するには: 「変換」をクリックします。

  • 親リージョンを削除してすべての(参照元が不明な)エイリアスリージョンを残すには: 「保持」をクリックします。こうした参照不明のエイリアスは不要ですが、ユーザが後で新しいオリジナルに再割り当てする可能性があるので、自動的には削除されません。

参照元が不明なエイリアスをすべて選択して削除する

プロジェクトファイルに不要なエイリアスがある場合は、参照元が不明なエイリアスをすべて選択して削除し、エイリアスをすばやく整頓することができます。

  • 「機能」>「リージョンエイリアス」>「参照元が不明なエイリアスを選択」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

  • 「機能」>「リージョンエイリアス」>「参照元が不明なエイリアスを削除」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

エイリアスを通常のリージョンに変換する

エイリアスからリアルリージョンを作成できます。内容はエイリアスが参照していたオリジナルリージョンと同一ですが、再生パラメータはエイリアスのものとなります。リアルリージョン(オリジナルの親リージョン)に変換すると、編集できるようになり、オリジナルの親リージョンが新しいリアルリージョンに影響しなくなります。

エイリアスをダブルクリックしてダイアログを開き、リアルコピーを作成して編集するか、またはオリジナルを編集するかを指定できます。

エイリアスをダブルクリックして編集しようとすると、「Logic Pro」では、オリジナルのリージョンを編集しようとしているか、エイリアスをリアルリージョンに変換しようとしているものと見なされます。リアルコピーを作成して編集するか、またはオリジナルを編集するかどうかを確認されます。

  • トラック領域のメニューバーから「機能」>「リージョンエイリアス」>「エイリアスをコピーに変換」と選択します(または「エイリアスをリージョンのコピーに変換」キーコマンドを使います)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?