Logic Pro X: トラック領域でリージョンをタイムストレッチする

トラック領域でリージョンをタイムストレッチする

リージョンのサイズを変更した場合、リージョン内のノートなどのイベントの位置は変わりません。一方、リージョンをタイムストレッチすると、リージョン内のイベント間の相対的な距離を短くしたり長くしたりすることができます。リージョンを伸長するとリージョン内のイベント間の距離(時間)が長くなり、圧縮するとこの距離が短くなります。

たとえば、リージョンの再生は、オリジナルの2倍に延ばすことでハーフタイムに、オリジナルの半分に縮めることでダブルタイムにできます。

また、Flex Time機能を使って、オーディオリージョン内の個々のノートやコードなどの項目をタイムストレッチすることもできます。詳しくは、Flex TimeとFlex Pitchの概要を参照してください。

MIDIリージョンをタイムストレッチする

  • Optionキーを押したまま、1つまたは複数のMIDIリージョンの左右いずれかの端をドラッグします。

    リージョン内のイベントは、MIDIリージョンの長さ変更に比例してストレッチまたはコンプレスされます。

オーディオリージョンをタイムストレッチまたはタイムコンプレスする

  • Optionキーを押しながらオーディオリージョンの右端をドラッグします。

    これにより、リージョンの変化した長さ分だけオーディオがストレッチまたはコンプレスされ、オリジナルのリージョンが新しいPCMオーディオファイル(オリジナルのファイルフォーマット、またはオリジナルがPCMでなければAIFF)に置き換えられます。

タイムストレッチはトラック領域の現在のグリッド設定(「スナップ」ポップアップメニューにあります)の値までに限定されます。

オーディオのタイムストレッチアルゴリズムを選択する

  • 「編集」>「タイムストレッチ」>「タイム・ストレッチ・アルゴリズム」と選択し、サブメニューからアルゴリズムを選択します。

    • ユニバーサル(デフォルト):あらゆる種類のオーディオ素材に対応する高品質なアルゴリズムです。ほとんどのタイムストレッチ操作に広くお勧めします。ただし、オーディオ素材が以下の条件に一致する場合は、別の2つのアルゴリズムを選択した方が良い結果が得られる場合があります。

    • 複雑: オーケストラ作品やファイナルミックスなどの複雑な音楽素材をタイムストレッチする場合には、このアルゴリズムを選択すると自然な響きが得られます。

    • パーカッシブ: リズム素材のタイミングが完全に維持されるので、ドラムループなど、和声的ではないパーカッシブな信号に適しています。 「ビートのみ」アルゴリズムと比べて、「パーカッシブ」アルゴリズムはリバーブ処理された(テールの長い)パーカッシブな素材に適しています。これはエレクトリックピアノやクラビネットパートをスタッカートで弾く場合などのパーカッシブな奏法にも適用できます。「ビートのみ」は残響が少ないドラム録音データにも適しています。

    • Version 5(レガシー): 「Logic 5」の後継となるアルゴリズムです。ほとんどの種類のオーディオ素材に使用できます。 処理したオーディオに特定の音質を与える面白いオプションとして利用できます。

    • 任意の素材(レガシー): ほとんどの種類のオーディオ素材に対応します。

    • Monophonic(レガシー): 人間の声や、金管および木管楽器など、モノフォニックの素材に特化したアルゴリズムです。

    • パッド(レガシー): 倍音成分を含むポリフォニック素材に使います。合唱や弦楽器セクションなどに適しています。

    • リズミック素材(レガシー): ドラムやパーカッションなどのリズミック素材に使います。場合によっては、リズムギター、クラビネット、およびピアノの伴奏パートにも使うことができます。

    • ビートのみ(レガシー): パーカッシブな素材のタイミングが完全に維持されます。 残響が少ないすべての種類のドラムループに最適なアルゴリズムです。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?