Logic Pro X: トラック領域でリージョンのサイズを変更する

トラック領域でリージョンのサイズを変更する

オーディオリージョンとMIDIリージョンは、リージョンの一部分のみが再生されるよう短くすることができます。MIDIリージョンは、長くしてリージョンの始めまたは終わりに無音部分を追加できます。また、2つの隣接するリージョンの境界をサイズ変更して、リージョン間の遷移を調整し、重なりを取り除くことができます。

イベントフロートウインドウを開き、数値を指定してリージョンを移動またはサイズ変更することもできます。詳しくは、イベントフロートウインドウを参照してください。

1つのリージョンのサイズを変更する

  1. リージョンの右下隅にポインタを置きます。

  2. サイズ変更ポインタが表示されたら、リージョンをドラッグして短くしたり長くしたりします。

    図。リージョンの隅のサイズ変更ポインタ。

2つの隣接するリージョンのサイズを変更する

  1. ポインタツールまたは鉛筆ツールを選択してから、リージョンの上隅(2つのリージョンが接している部分)にポインタを置きます。

    ポインタが境界ポインタに変わります。

    図。2つのリージョンの間に境界ツールが表示されたトラック領域。

    注記:リージョン間にギャップがある場合、先行するリージョンの右上隅にポインタを移動すると、ループツールに変わります。

  2. 左右にドラッグします。

    両方のリージョンのサイズがそれぞれ変更され、間にギャップがなくなります。

選択したリージョンの絶対的な長さを同じにする

  • Option+Shiftキーを押しながらポインタツールでリージョンのサイズを変えます。

選択したリージョンの開始位置と終了位置を再生ヘッド位置に変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「リージョン/イベント/マーキーの開始位置を再生ヘッドの位置に設定」キーコマンドを使います。

  • 「リージョン/イベント/マーキーの終了位置を再生ヘッドの位置に設定」キーコマンドを使います。

オーディオリージョンの場合、「リージョン/イベント/マーキーの開始位置を再生ヘッドの位置に設定」キーコマンドを使うと、アンカーポイントも再生ヘッドの位置に移動します。

リージョン間の重なりを取り除く

  1. 重なっているリージョンを選択するか、トラックヘッダをクリックしてトラック上のすべてのリージョンを選択します。

  2. 「編集」>「トリム」>「重なったオブジェクトを削除」と選択します(または¥キーを押します)。

    選択したリージョンが重なっている領域で、左側の(先行の)リージョンが短くなり、重なりが取り除かれます。

後のリージョンを短くして重なりを取り除く

  1. 重なっている2つのリージョンのうち、左のリージョンを選択します。

  2. 「編集」>「トリム」>「重なったオブジェクトを削除」と選択します(または¥キーを押します)。

    リージョンが重なっている領域で、右側の(後の)リージョンが短くなり、重なりが取り除かれます。

リージョンを長くしてリージョン間のギャップを削除する

  1. 長くするリージョンを選択します。

    図。選択した2つのリージョンの間にギャップが入っているトラック領域。
  2. 「編集」>「トリム」>「リージョン終了を次のリージョンまで」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    図。削除したリージョンの間のギャップを表示しているトラック領域。

    選択したリージョンは長くなり、トラック上の次のリージョンの開始ポイントで終了します。

選択したリージョンをロケータ間に伸ばす

  1. 以下のいずれかの操作を行って、左右のロケータ位置を設定します:

    • ルーラの上部を左から右方向にドラッグします。

      図。ルーラをドラッグして左右のロケータ位置を設定する。
    • LCDのロケータフィールドで値を設定します。

      図。LCDでロケータ位置を設定する。
  2. ロケータの範囲内で、リージョンを選択します。

    ロケータ内のすべてのリージョンをすばやく選択するには、「編集」>「選択」>「ロケータの範囲内すべて」と選択します。

  3. 「編集」>「トリム」>「ロケータ内を埋める」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    選択したすべてのリージョンが(ロケータ境界の範囲内で)長くなり、リージョンの間にあるギャップがなくなります。各トラック(ロケータ境界の範囲内)の最後のリージョンは長くなりません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?