Logic Pro X: トラック領域でリージョンをループさせる

トラック領域でリージョンをループさせる

リージョンをループさせて繰り返し再生することで、トラック領域の任意の時間に合わせてリージョンを拡張できます。プロジェクトを再生すると、リージョンは拡張(ループ)した回数だけ繰り返されます。

サイズを変更したリージョンをループさせることもできます。サイズ変更したリージョンをループさせた場合、プロジェクトを再生すると、リージョンのうち画面に表示される部分のみが繰り返されます。リージョンを長くして無音部分を挿入すると、ループしたときに無音部分も一緒に繰り返されます。

リージョンをループさせる

  1. リージョンの右上隅にポインタを置きます。

    ポインタがループポインタに変わります。

    図。リージョンの隅に表示されたループポインタ。
  2. 再生を止める位置までリージョンの右端をドラッグします。

    リージョンの端をドラッグすると、リージョンの一番上と一番下に切り込みが表示され、繰り返しの開始位置と終了位置を示します。

注記:トラック領域にトラック・オートメーション・カーブが表示されているとき、リージョンの端にポインタを置いてもループポインタが表示されないことがあります。その場合は、Optionキーを押しながら右上隅にポインタを置くと、リージョンをループさせることができます。

リージョンを継続的にループさせる

  • リージョンを選択し、リージョンインスペクタの「ループ」チェックボックスを選択します。

    図。リージョンインスペクタの「ループ」パラメータチェックボックス。

トラックにある次のリージョンの開始位置またはプロジェクトの終了位置まで、リージョンがループし続けます。「ループ」チェックボックスの選択を解除するか、もう一度Lキーを押すとリージョンのループを解除できます。

注記:「ループ」パラメータの選択を解除すると、手動で設定したループ範囲がリセットされます。次回に「ループ」パラメータを使用する際、リージョンは同じトラック上にある別のリージョンに達するか、プロジェクト(またはフォルダ)の終わりに来るまでループされます。

図。トラックの次のリージョンまでループするリージョンが表示されたトラック領域。

ループをエイリアスまたはクローンに変換する

  • 変換元のリージョンを選択し、「編集」>「変換」>「MIDIループをエイリアスに」と選択します(または「MIDIループをエイリアスに変換」キーコマンドを使います)。

ソフトウェア音源のループリピートは、エイリアスに変換されます。オーディオのループリピートは、クローンのオーディオリージョンに変換されます。したがってオリジナルのリージョンの長さを変更すると、エイリアスおよびクローンしたリージョンすべてに影響があります。エイリアスとクローンリージョンについては、トラック領域でMIDIリージョンのエイリアスを作成するトラック領域でオーディオリージョンのクローンを作成するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?