Logic Pro X: トラック領域でリージョンをカットする/コピーする/ペーストする

トラック領域でリージョンをカットする/コピーする/ペーストする

トラック領域では、リージョンをカットまたはコピーして別の位置にペーストできます。コピーしたリージョンを同じ時間位置にペーストすることもできます。こうすると、リージョンをすばやく複製して別のトラックで使うことができます。

リージョンをカットする

  • リージョンを選択し、「編集」>「カット」と選択します(またはCommand+Xキーを押します)。

リージョンをコピーする

以下のいずれかの操作を行います:

  • トラック領域でリージョンを選択し、「編集」>「コピー」と選択します(またはCommand+Cキーを押します)。

  • Optionキーを押しながらリージョンをドラッグします。

オーディオリージョンをコピーした場合、新しいリージョンがプロジェクト・オーディオ・ブラウザに自動的に作成されます。新しいリージョンの名前はオリジナルのリージョンの名前と同じですが、連番が追加されています。たとえば、リージョンの名前が「MyLoop」である場合、最初のコピーは「MyLoop.1」、2つ目のコピーは「MyLoop.2」、という要領で連番が追加されます。

リージョンをペーストする

  • トラック領域でリージョンを開始する位置に再生ヘッドを移動し、「編集」>「ペースト」と選択します(または、Command+Vキーを押します)。

コピーしたリージョンと同じ場所にリージョンをペーストする

  • リージョンのペースト先となるトラックを選択し、「編集」>「オリジナルの位置にペースト」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

コピーしたリージョンが、選択したトラック上でソースリージョンと同じ位置にペーストされます。この機能は、別のトラック上の同じ場所にリージョンをコピーし、別の処理を施したりそのパートを厚くしたりするような場合に便利です。また、この機能はレイヤーのあるMIDIパートや音源パートの作成にも適しています。

リージョンの複数のコピーをペーストする

  1. リージョンを選択します。

  2. トラック領域のメニューバーで、「編集」>「複数回繰り返す」と選択します。

  3. ペーストするコピーの数を「コピーの数」フィールドに入力します。

  4. コピーを特定のグリッド値にスナップさせるには、「調整」ポップアップメニューからグリッド値を選択します。

  5. コピーをリージョンとしてペーストするには、「コピー」を選択します。

  6. コピーをクローン(オーディオリージョンの場合)またはエイリアス(MIDIリージョンの場合)としてペーストするには、「エイリアスまたはクローン」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?