Logic Pro X: トラック領域でリージョンの一部を選択する

トラック領域でリージョンの一部を選択する

マーキーツールまたはマーキーストライプを使って、1つまたは複数のリージョンの一部を選択したり編集したりできます:

  • マーキーツール: リージョンの一部をドラッグで選択して編集します。マーキーツールは十字型をしています。

    図。マーキーツール
  • マーキーストライプ: ルーラの上部に表示される細いストライプです

    図。ルーラのマーキーストライプ。

リージョンのうち、マーキーの内側にある部分のみが選択されます。このため、複数のリージョンの内側を選択したり、複数のリージョンを部分的に選択したりすることができます。選択した領域では、移動、カット、コピー、削除など、ほとんどの編集操作を行うことができます。編集が済むと、選択した領域は別の新しいリージョンになります。マーキーの選択範囲には、トラック領域の現在のスナップ値が使われます。

マーキー選択を作成してからプロジェクトを再生すると、選択範囲の左端から再生が始まり、右端で再生が終わります。プロジェクトの再生中にマーキー選択を作成すると、マーキー選択の終わりに到達しても再生が停止しません。

マーキー選択を作成してから録音を始めると、「オートパンチ」モードが有効になり、マーキーの選択範囲がパンチロケータに置き換わります。マーキー選択内のすべてのトラックが録音可能状態になり、それ以外のトラックはすべて録音が無効になります。

マーキーツールでリージョンの一部を選択する

  • マーキーツールを選択し、トラック領域をドラッグして1つまたは複数のリージョンの一部を選択します。

    図。トラック領域のマーキー選択範囲。

マーキーストライプでリージョンの一部を選択する

  1. トラック領域のメニューバーで、「表示」>「マーキールーラ」と選択します。

  2. ルーラの細いマーキーストライプ領域でドラッグし、1つまたは複数のリージョンの一部を選択します(選択したトラックにも表示されます)。

個々のトラックを選択範囲に追加したり、選択範囲から外したりする

  • 追加または削除するトラックのトラックヘッダをShiftキーを押しながらクリックします。

選択範囲の開始位置と終了位置を変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • マーキーツールを使う:

    • Shiftキーを押しながらトラック領域をクリックすると、任意の方向に選択範囲を変更できます。

    • Shiftキーを押しながら選択範囲内をクリックすると、選択範囲の中でポインタに近い方の端を移動できます。

    • OptionキーとShiftキーを押しながら選択範囲内をクリックすると、選択範囲の中でポインタから遠い方の端を移動できます。

  • マーキー選択範囲を使う:

    • マーキーの開始位置を移動するときは、Shiftキーを押しながら←キーまたは→キーを使用します。

      「前のリージョン/イベントに切り替え、またはマーキーの開始位置を前のトランジェントに移動(またはマーキー選択範囲を前のトランジェントまで拡張)」または「次のリージョン/イベントに切り替え、またはマーキーの開始位置を次のトランジェントに移動(またはマーキー選択範囲を次のトランジェントまで拡張)」キーコマンドを使うこともできます。

    • 選択範囲の終了位置を変更するときは、←キーまたは→キーを使用します。

      選択中のリージョンのタイプに応じて、「前のリージョン/イベントを選択、またはマーキーの終了位置(またはマーキーポイント)を前のトランジェントに移動」または「次のリージョン/イベントを選択、またはマーキーの終了位置(またはマーキーポイント)を次のトランジェントに移動」キーコマンドを使うこともできます。

選択範囲全体を移動する

以下のいずれかの操作を行います:

  • Shiftキーを押したままHomeキーを押します(デフォルトの「最初のオブジェクトを選択、またはマーキーの選択範囲を左に移動」キーコマンドです)。

  • Shiftキーを押したままEndキーを押します(デフォルトの「最後のオブジェクトを選択、またはマーキーの選択範囲を右に移動」キーコマンドです)。

現在のスナップモードで最大可能分解能にスナップする

  • ControlキーとShiftキーを押しながら選択を行います。

MIDIまたはオーディオリージョンを編集するときに、現在の拡大/縮小レベルに応じてティックまたはサンプルに選択範囲がスナップします。項目をグリッドにスナップするを参照してください。

LCDに表示のディビジョン値にスナップする

  • Controlキーを押しながら選択を行います。

MIDIまたはオーディオリージョンを編集するときに、現在の拡大/縮小レベルに応じて現在のディビジョン値に項目がスナップします。項目をグリッドにスナップするを参照してください。

マーキー選択にロケータを設定する

  • Controlキーを押したままマーキーストライプをクリックして、ショートカットメニューから「ロケータをリージョン/イベント/マーキーで設定」を選択します。

こうするとリージョン全体ではなく、マーキー選択の範囲にロケータが設定されます。

選択範囲の境界でリージョンを分割する

  • Controlキーを押したままマーキーストライプをクリックして、ショートカットメニューから「リージョン/イベントをロケータまたはマーキーの選択範囲で分割」を選択します。

オートメーションデータをマーキー選択して編集するときは、選択範囲の左右の境界にオートメーションポイントが2つずつ自動的に作成されます。マーキー選択がオートメーションポイントに変換されるので、すばやくオートメーションデータの定義と作成ができます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?