Logic Pro X: ドラッグモードで位置を操作する

ドラッグモードで位置を操作する

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、トラック領域と、時間ベースのエディタ(オーディオ・トラック・エディタやピアノ・ロール・エディタなど)で「ドラッグ」ポップアップメニューを使うことができます。ドラッグモードを使うと、トラック領域でのリージョンの移動、サイズ変更、または削除の結果を制御できます。

トラック領域のドラッグモードを設定する

  • トラック領域のメニューバーで、「ドラッグ」ポップアップメニューから以下のいずれかのモードを選択します:

    図。トラック領域の「ドラッグ」ポップアップメニュー。
    • オーバーラップ: 別のリージョンの上にリージョンをドラッグした場合に、現在のリージョンの境界を保持します。

    • オーバーラップなし: 2つのリージョンが重なった場合、左側の(先行の)リージョンの重なっている領域が短くなります。

    • クロスフェード: 2つのオーディオリージョンが重なった場合、重なり合った領域でクロスフェードします。

    • シャッフルR: リージョンを移動、サイズ変更、または削除するときに、以下の方法でリージョンの位置をそろえます:

      • 移動: リージョンを右に移動すると、リージョンの終了位置と次のリージョンの開始位置がそろえられ、2つのリージョン間のスペース(ギャップ)がなくなります。

      • サイズ変更: リージョンを左端からサイズ変更すると、先行するリージョンが変更した長さだけ移動します。サイズ変更によって先行リージョンがプロジェクトの開始位置を越えてしまう場合は、サイズ変更したリージョンがその分だけ先行リージョンに重なります。

      • 削除: トラックにある残りのリージョンが、削除したリージョンの長さだけ移動します。

    • シャッフルL: リージョンを移動、サイズ変更、または削除するときに、以下の方法でリージョンの位置をそろえます:

      • 移動: リージョンを左に移動すると、リージョンの開始位置と先行リージョンの終了位置がそろえられ、2つのリージョン間のスペース(ギャップ)がなくなります。

      • サイズ変更: リージョンを右端からサイズ変更すると、続くリージョンが変更した長さだけ移動します。

      • 削除: トラックにある残りのリージョンが、削除したリージョンの長さだけ移動します。

「シャッフルR」と「シャッフルL」のどちらの場合も、あるリージョンの上に別のリージョンをドラッグすると、2つのリージョンの位置が入れ替わります。

各トラックで一度に再生できるオーディオリージョンは1つだけです。同じトラックで2つのオーディオリージョンが重なっている場合は、後の(右側の)リージョンが再生されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?