Logic Pro X: リージョンをクオンタイズする

リージョンをクオンタイズする

クオンタイズでは、オーディオリージョンまたはMIDIリージョンのリズムを特定のタイムグリッドに合わせて補正する処理が行われます。タイミングがずれているノートは、それぞれの最も近いグリッド位置に合うように移動されます。

リージョンインスペクタの「クオンタイズ」パラメータを使うと、トラック領域のリージョンをクオンタイズできます。リージョンインスペクタでは、より精密にクオンタイズを制御できる詳細なクオンタイズパラメータも使うことができます。

オーディオトラック上のオーディオリージョンをクオンタイズする場合は、あらかじめオーディオトラックにFlexモードを割り当て、そのリージョンのリージョンインスペクタでFlexパラメータを選択する必要があります。詳しくは、Flex Timeのアルゴリズムとパラメータを参照してください。

リージョンインスペクタの「クオンタイズ」パラメータはリージョン全体に適用されます。リージョンの部分ごとにクオンタイズ値を変えたい場合は、リージョンを分割し、セグメントごとに異なるクオンタイズ設定を適用してから、「結合」コマンドまたは接着ツールを使って結合することができます。

選択したリージョンをクオンタイズする

  • リージョンインスペクタで「クオンタイズ」ポップアップメニューから値を選択します。

    図。リージョンインスペクタの「クオンタイズ」ポップアップメニュー。

また、「クオンタイズパラメータを次の値に設定」キーコマンドと「クオンタイズパラメータを前の値に設定」キーコマンドを使って、設定可能なクオンタイズ値を1つずつ順番に表示することもできます。

オーディオリージョンをクオンタイズすると、選択したオーディオリージョンにクオンタイズFlexマーカーと呼ばれる白い線が表示され、タイムクオンタイズ処理中にオーディオがタイムストレッチされている場所を示します。

図。オーディオリージョンのクオンタイズ前後の様子を表す2枚の画像。

MIDIリージョンのクオンタイズグリッドの開始位置は、そのリージョンの開始位置と常に同じです。MIDIリージョンの開始位置が小節の先頭にそろっていない場合は、同じくクオンタイズグリッドの開始位置も小節の先頭にそろいません。

重要:MIDIリージョンでは、選択したクオンタイズ値がMIDIエディタでのノート表示に影響します。そのため、たとえばピアノ・ロール・エディタでノートの位置を見ることで、選択したクオンタイズ値による変化を確認できます。

図。ピアノ・ロール・エディタ内の、クオンタイズされていないMIDIイベントとクオンタイズされているMIDIイベントを表す2枚の画像。

クオンタイズ値と詳細クオンタイズパラメータについて詳しくは、パラメータ値をクオンタイズする詳細クオンタイズパラメータを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?